流政之氏の作品巡り

流政之氏の作品巡り

香川県にお住まいだった彫刻家・作庭家の流政之氏の作品は、香川県に住んでいるとよくひょこっと出逢い、立ち止まって見入ってしまう。
それだけ私にとっては他のアートとは違う存在。
街中にポツンとあったりしていて、それがまた優しさを感じるのだ。

流氏は長崎県のお生まれで、お父上はなんと立命館大学の創始者中川小十郎さん。
私としては身近な存在の芸術家だと思っていたら、調べると・・・

1964年にニューヨーク世界博覧会で壁画「ストーンクレージー」(日本から2500個、600tの石を運んだ。)を展示し話題を呼ぶ。1975年には、ニューヨーク世界貿易センターのシンボルとして約250トンの巨大彫刻『雲の砦』をつくり国際的評価を得る。また、作品『受』はニューヨーク近代美術館の永久保存作品(パーマネントコレクション)として収蔵されており、彼の国際的評価の高さを裏付けている。1967年には、TIMEが選ぶ日本を代表する文化人の一人に選ばれた。
※Wikipedia:「流政之」より抜粋

そんなすごいお方とは知らずに今まで鑑賞させていただいていた。
難解なアートもいいのだが、流氏の作品は分かりやすくて大好きだ。

2018年7月7日に95歳でお亡くなりになった。
今まで私に様々な感動を与えていただき感謝いたしております。
いつかお会いできるならと思っていたのですが残念です。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

作品は今後も残っており、これからも鑑賞させていただきたい。

そこで、香川県にある作品を調べていたら全国各地に点在しており、全国となると分かりにくいので、西日本のマップを作成してみた。
公式サイトの作品と場所を基にしたのだが、公式サイトに掲載されていない作品も確認しており、本当はもっとあるのだろう。
この記事とマップは、今後知り得た情報や撮った写真などを追加し、随時更新していこうと思う。

■公式サイト:流政之
※亡くなられてから公式サイトで作品が見られなくなった。

※今後行く予定がありそうな場所の香川県、大阪府、徳島県、兵庫県、京都府、岡山県の作品をまとめてみた。
グーグルマップにメジャーなものは作品名として掲載されていたり、1カ所に複数あったりする場合がある。

さて、以下に関連した記事をまとめていこう。

高松駅周辺の作品群

■JR高松駅「だいてんまい」
■オリーブタワー「あしたの枕」
■せとシーパレット「MATAKITENO」
■サンポート高松A街区「SUNSET of SETO」
■香川県文化会館「おいでまぁーせ」
を掲載。

サンポート高松の大ホールホワイエにある作品「SANUKI SAKIMORI 2002-2004」は鑑賞していないので、今後の課題。

菊池寛生家跡「大黒天」

歩いていると、偶然出逢った作品。
菊池寛氏の生家跡地にある。

「雨恋いじし」と「草壁画」

アイパル香川にポツンとある「雨恋いじし」と、百十四銀行本店営業部の裏通りにある「草壁画」。

四国村の作品群

四国村創建には流氏も携わっている。
大作の「流れ坂」、「染が滝」などが鑑賞できるが、安藤忠雄氏設計「四国村ギャラリー」内にある「夜のてざわり」は撮影不可で、実際に行かないと見る事が出来ない。
※「夜のとばり」の撮影許可が出たので撮影している。

高松中央高等学校「してんまい」

私立高松中央高等学校正門にある作品。
記事にはしていなかった・・・

流政之氏「してんまい」

毎日流氏の作品が出迎えてくれるなんて、なんて贅沢な高校だろう。

香川県歯科医療専門学校「うまげに咲かそ」

香川県歯科医療専門学校「うまげに咲かそ」

閉まっていても正門の外から見ることができる。

瀬戸大橋記念公園「浜栗林」の作品群

瀬戸大橋記念公園の浜栗林一帯の作品群。
■鬼屏風
■くぐり滝
■どたま獅子
を掲載。

瀬戸大橋記念公園もいいところだし、瀬戸大橋をバックに楽しみながら散策することができる。

五色台「またきまい」

香川県のPRで見かける作品。
分かりにくい場所で、それがまたいい。
静かに瀬戸内海を眺められていい場所。

ジョージナカシマ記念館

作品があるわけではないのだが、カフェの1本の柱にジョージナカシマ氏、猪熊弦一郎氏、流政之氏、イサム・ノグチ氏のサインが寄せ書きされてある。
写真を撮らなかったことを後悔している・・・

東かがわ市讃州井筒屋敷「まちこまた」

流氏の作品はいつもいい場所にあるなと感じる。
いろんな方に愛されている。

高松市立美術館「ナガレバチ」

流政之「ナガレバチ」

今度は中に入って鑑賞したい。

まとめ

JR高松駅周辺を鑑賞してから高松市中央公園まで歩くと、かなりの作品を鑑賞することができる。
坂出市にある瀬戸大橋記念公園もおすすめだ。
作品をギャラリーにしておく。