瀬戸内国際芸術祭2019!「伊吹島」編

瀬戸内国際芸術祭2019!「伊吹島」編

瀬戸内国際芸術祭2019「ひろがる秋」の開催期間は9月28日(土)~11月4日(月)。

今回は香川県の最西端「伊吹島(いぶきじま)」をレポートする。
伊吹島は「ひろがる秋」のみの開催なのだ。

伊吹島は「いりこ」で有名で、讃岐うどんやラーメンの出汁として使用しているお店も多数。

▼伊吹島
伊吹島

アクセス

伊吹島は観音寺市の観音寺港からフェリーで行く。

自動車

観音寺港には駐車場がないので、自動車の場合は「ハイスタッフホール」か「有明グラウンド駐車場」にとめて無料のシャトルバスを利用することになる。

▼ハイスタッフホール

▼有明グラウンド

※10/19、10/20は二つの駐車場が使用不可のため、観音寺幼・保育園が駐車場になる。

▼観音寺市立幼稚園

高松空港から

高松空港から「JR坂出駅」、「JR丸亀駅」までリムジンバスが出ている。

JR予讃線に乗り「観音寺駅」で下車。
予讃線は愛媛県松山市方面ね。
「土讃線」に乗ると高知県に行ってしまうのだ。

高松駅から

上記坂出駅や丸亀駅を通過して行くことになるわけだけど、「瀬戸大橋線」に乗るとはやく到着する場合がある。
そのまま乗っていると岡山県に行ってしまうので、坂出駅で乗り換える必要があるよ。

「予讃線快速サンポート南風リレー号」に乗るのもおすすめ。

ややこしく書いてしまったけど、「予讃線」や松山行き(愛媛県松山市)というキーワードが大事で、瀬戸大橋線なら坂出駅で乗り換えることね。

シャトルバスの経路・運行時間

JR観音寺駅に到着すると、徒歩5分の「ハイスタッフホール」に向かう。
※無料駐車場もあるよ。

▼無料のシャトルバス
ハイスタッフホールの無料シャトルバス

観音寺市の公式サイトに掲載されている時刻表を貼っておくね。

伊吹港までのシャトルバス時刻表1

有明グラウンドに自動車をとめると、「銭形」などで有名な琴弾公園や有明浜の観光も可能。

▼伊吹島と銭形「寛永通宝」
観音寺銭形「寛永通宝」と伊吹島

▼有明浜
有明浜

有明グラウンドの無料シャトルバスの時刻表も貼っておく。

伊吹港までのシャトルバス時刻表2

フェリー

伊吹島フェリーの運行時間

シャトルバスと連動しているのでいいね。
片道大人(中学生以上)520円、小人(小学生)260円で往復割引はない。

団体割引や回数券、障害者割引があるので公式サイトを確認してみてね。

▼向こう側の大きい船が「ニューいぶき」。

ニューいぶきと臨時便

手前の小さい船は臨時便。
乗り切れなかった時に利用される。

▼ニューいぶき船内
ニューいぶき船内

定員は300人なんだけど、ほぼ満席。

▼出発する時に旗を振ってお見送り。

伊吹島へのお見送り

行ってきま~す(^^♪

約25分の船旅だよ。

観音寺港をあとに

いつもは高松市から淡いブルーの瀬戸内海を見ているけど、ここ観音寺の海は少し色が違う気がした。

ニューいぶきから見た伊吹島

とてもブルーがきれい。

作品

伊吹島に到着。
伊吹島はマイナーで西の端だし、狙い目と思ってきたけど、人が多かった~

伊吹島到着

次回の3連休、小豆島に行こうと思っているけど、ものすごく混雑しそうな予感・・・

さて、伊吹島の作品No.は「ib」で番号が付いている。
01~06の6作品で、06「パサング‐ふたつのものすべての中に」は3個所にあるのでご注意を。

島内は坂道の傾斜が結構急な場所もあるので、紫外線対策、飲物、タオル、履物など装備の充実を。

伊吹島上陸

巡り方は、06①→01→02→03→06②→05→04→06③となると思うんだけど、作品No.順に掲載するね。

ib01「トイレの家」石井大五

入場料:無料
休業日:無休
営業時間:屋外展示作品

伊吹島「トイレの家」

さっそく中に入って撮るぞ~と思ったんだけど・・・

伊吹島「トイレの家」内部

基本的にトイレだもんね・・・

伊吹島「トイレの家」手洗い

便器を撮っても映えないし、女子トイレもさることながらトイレを撮るなんて~と冷静になってしまった(笑)

伊吹島「トイレの家」外観

外から眺めるもの(^^♪

ib02「伊吹島ドリフト伝説」コンタクト・ゴンゾ

料金:300円
休業日:無休
営業時間:8:50~16:40

島内をCGで再現したレースゲーム。

伊吹島ドリフト伝説

原付バイクに乗って、8分以内に島内を1周すればクリア。

30分待ちだったこと、予約ができないとのことで並ばずスルー。
カーテンをめくって撮らせていただいた。

伊吹島ドリフト伝説ランキング

伊吹島ドリフト伝説ランキング2

しかし面白い黒板があるね。

伊吹島の小学校

「僕たちは腐ったミカンじゃありません」と書いているけど、そんなことを言われたのかな?

こんな自然豊かな島で育った方々が、腐るわけがない。
というより、ちょっとでも変だと腐ったミカン扱いされたりするのかな?

腐ってなんかいないよ(^^♪

ちなみにここは小学校跡地で、校舎全体がアートになっているんだけど後述するよ。

ib03「イリコ庵」みかんぐみ+明治大学学生

入場料:無料
休業日:無休
営業時間:屋外展示作品

伊吹島イリコ庵

集会場なんだって。

伊吹島イリコ庵正面

デッキ部分が広くていいね。

伊吹島イリコ庵デッキ

伊吹島イリコ庵応接

廃木のベンチ、座ってみたい。

伊吹島イリコ庵廃木のベンチ

あれ?、これって鑑賞している皆さんがどなたも近づいていなかったから立ち入り禁止だと思っていたけど、座っても良かったのかな?

ib04「壁」エコ・ヌグロホ

入場料:無料
休業日:無休
営業時間:8:50~16:40

伊吹島「壁」

古民家を改装して作品を展示するスタイル、一番気にっている。

伊吹島「壁」2

フォト・イン・フォトみたいになってしまった。

伊吹島「壁」3

こういう作品が一番ワクワクするよ。

伊吹島「壁」4

ウルトラマンに出演されていませんでしたか?

伊吹島「壁」5

ib05「伊吹の樹」栗林隆

入場料:300円
休業日:無休
営業時間:8:50~16:40

伊吹島「伊吹の樹」

これは大作だね。

伊吹島「伊吹の樹」外観

伊吹島は出産前後を女性だけで集団生活をし、家事から解放され養生する風習がある。
その場所を「出部屋(でべや)」と呼んでいた。
出部屋の跡地にできたアート。

中は空洞になっていて鏡面仕上げ。

伊吹島「伊吹の樹」外観2

覗き込むと・・・

伊吹島「伊吹の樹」内部

すごい世界が広がっている~

一番見応えがあって、しばし見入る。

ib06「パサング‐ふたつのものすべての中に」メラ・ヤルスマ

入場料:無料
休業日:無休
営業時間:屋外展示作品

島内3個所にある作品。

パサング‐ふたつのものすべての中に

地元漁師の方が漁船に持ち込むお守り「ふなだまさん」をモチーフにしている。

▼ib03「イリコ庵」近くにある作品。

パサング‐ふたつのものすべての中に2

「パサング」とはインドネシア語で「ペア」を意味するらしいけど、これはペアになっていないんだね。

マップでは民俗資料館にも「06」と掲示されているんだけど・・・

伊吹島民俗資料館

見つけることができなかったぁ(泣)

ん?今になって思うけど、伊吹島の歴史資料などが展示されていて、もしかしたらモチーフになったお守りがあったのではと・・・
想像でしかないけど、現地の方に聞いたりすれば良かったと後悔。

視野がせまいねぇ・・・

訪れたら探してみてね。

旧伊吹小学校の作品

現在の伊吹小学校は伊吹中学校に併設された。
旧伊吹小学校跡地にはib02「伊吹島ドリフト伝説」があったんだけど、その他の作品があったよ。

伊吹小学校跡地の作品

※マップに示されている作品は場所が変更されていた。

校舎から見える瀬戸内海が美しかった。

伊吹小学校跡地から見た瀬戸内海

「いぶき島づくりラボ」みかんぐみ+明治大学学生

いぶき島づくりラボ

伊吹島を立体的に見ることができる。
非常に興味深い。

いぶき島づくりラボ2

伊吹島ってハート型に見えるよね。

伊吹島のパンフレット

心温まる、ハートの島だよ。

いぶき島づくりラボ3

「バタバタ映像」コンタクトゴンゾ

バタバタ映像

島内を低い視点で巡る映像作品。

隣の部屋の作品は解釈不能。

バタバタ映像2

「伊吹島ヤタイトリップ」栗林隆

恐れ多くも校長室!

伊吹島ヤタイトリップ

▼2階にあったヤタイトリップ。

伊吹島ヤタイトリップ

このヤタイトリップといろんな国々をまわられた映像作品だったよ。

2階には入り口のマップで示されていない映像作品があった。

伊吹島映像作品

小学校跡地は長く楽しめるスポットだ。

伊吹島レストラン「うみないぴ」

伊吹島うみないぴ黒板

歩いていると「うみないぴ」の宣伝が。

伊吹島うみないぴ黒板2

たたみかけてくるね(笑)

伊吹島うみないぴ黒板3

そして「うみないぴ」。

伊吹島うみないぴ

▼ヤタイトリップがテーブルに変形。

伊吹島うみないぴテーブル

その他

2階では、アーティストの方が作品作りをされていた。
あとで調べれば分かると思っていたけど、不明・・・

伊吹小学校跡地で作品作り

情報があればどなたか教えていただきたい(泣)

伊吹島作品

しかし瀬戸内海が美しいね。

伊吹島のお店やカフェ

▼古民家caféM
伊吹島の古民家カフェM

行きたかったけど時間が合わず。

伊吹島うららの台所

「うららの台所」さんではイリコの佃煮200円を購入。

伊吹島うららの台所販売品

「帰りに買おうと思うんだけど、売切れるかな?」と相談したら、「取り置きしておいてあげる。」って。
優しい女性(^^♪
※12:00頃、取りに寄ると売り切れていた。

甘辛く味付けされていて、ただでさえ美味しいイリコが極上のおつまみに。

▼伊吹網元平三水産
伊吹網元平三水産

公式ガイドブックには掲載されていないお店。

▼伊吹商店
伊吹商店

その他、「上福水産」のアツアツのエビの天ぷら、「お休み処まっちゃん」、伊吹漁協のお店など飲食には困らない。
※私は経費節減のため、マイ弁当持参。

まとめ

作品を鑑賞したら、すぐに観音寺に戻って散策をしようと計画していたんだけど、伊吹島は作品以外にも見どころがたくさん。

伊吹島島内マップ

アサギマダラの飛来地でもあるんだ。
「金田一晴彦先生の歌碑」、「石門」、「合戸の穴」など、次回に訪れた時は行ってみたい。

金田一先生のことは、島の写真家おばあちゃんから聞いた。
(お名前をお聞きしなかった・・・何と失礼な・・・)

伊吹島写真家のおばあちゃんの家

家の中ににいるおばあちゃんと目が合って、「入んな。」とのこと。

伊吹島写真家のおばあちゃんの玄関

おばあちゃんは写真が趣味で、伊吹島の自然や人を撮っている。
おばあちゃんの家には金田一先生も訪れたんだって。
すごい!

伊吹島写真家のおばあちゃんちの金田一晴彦作品

「写真、好きなん?」
私の持っているカメラを見て問われた。
恥ずかしくて「趣味程度です。」と答える。

そして撮られた写真をプレゼントしてくださった(^^♪
ありがとうございます。

伊吹島でいただいた写真

イリコ漁の写真が気に入った。

伊吹島でいただいた写真2

伊吹島に来たらおばあちゃんちにもお立ち寄りを。
私はまたご挨拶にお邪魔して、次回はお名前をお聞きしたい。
※03から05を目指していたらあるよ。

▼帰る時も大きな声でお見送り。

伊吹島の見送り

心あたたまるハートの島、また来るよ。

▼コスモス
伊吹島のコスモス

▼ウミネコ
伊吹島のウミネコ

▼マルシン水産
伊吹島の風景

▼瀬戸内国際芸術祭2019をまとめているのでご覧いただければ幸いだ。







コメントする

*
*
* (公開されません)