瀬戸内海歴史民俗資料館は香川県の「DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築」

瀬戸内海歴史民俗資料館とは

瀬戸内海歴史民俗資料館は1973年(昭和48年)に開館した。

設計は山本忠司氏(さぬき市志度出身)、構造設計は木村俊彦氏(高松市出身)。
山本氏は世界の丹下健三氏や、猪熊弦一郎氏、流政之氏、ジョージ・ナカシマ氏、イサム・ノグチ氏ともお仕事をされた方。

瀬戸内海歴史民俗資料館は2013年(平成25年)、「DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築」に選出されている。
香川県には現在4つある。

  • 香川県庁(高松市)
  • 坂出市人口土地(坂出市)
  • 百十四銀行本店(高松市)
  • 瀬戸内海歴史民俗資料館(高松市)。

▼DOCOMOMOの公式サイト

館内には国の重要有形民俗文化財が多数展示されている。

また、1974年(昭和50年)に日本建築学会賞を受賞している。

さらに、1998年(平成10年)には公共建築100選に選ばれている。
公共建築100選とは建設省が設立50周年を記念して選定したもの。
ちなみに香川県では他に「猪熊弦一郎現代美術館(丸亀市)」、「香川県庁」、「NTT高松病院(高松市)」が選出されている。

▼公共建築百選

そして2008年に香川県立ミュージアムの分館となった。

本日は肩書だらけの「瀬戸内海歴史民俗資料館」をレポートするよ。

アクセス

高松市にあるとはいえ、DOCOMOMOの建築の中で一番アクセスが難しい。
坂出市と高松市にまたがる山塊「五色台」にあるんだよ。

公式サイトのアクセス方法によると、バス停「弓弦羽(ゆずりは)」で下車、徒歩1時間15分、とか(笑)、JR高松駅からタクシー5,000円とか、無茶苦茶(T_T)

マイカーかレンタカーでお越しくだされ・・・

外観

石垣の和テイストに赤いドアがエッジ効いているね。

駐車場は自動車30台。

石垣の内部は展示室。

重厚なデザイン、ワクワクする。

▼瀬戸内海が見えている。

海の向こうに岡山県が見えた。

この写真の撮影ポイントに行きたいと思って、係員の方に聞くと航空写真なんだって。

▼公式サイトからいただいた。

ドローンが欲しくなった・・・

香川県立ミュージアムで模型を見たよ。

上から見るとつくりがよく分かっていいね。

白灯台と赤灯台。

現在サンポート高松にある「せとしるべ」の場所にあった赤灯台なのだ。

▼豪華客船の向こう側にある「せとしるべ」が赤灯台、そして海にポツンとある堤防が白灯台があった場所。

▼赤灯台「せとしるべ」

▼白灯台のあった場所

どちらも約30年高松港を照らした。
お疲れ様だね。

内部

外の石垣が内部にもつながっているようなつくり、とてもユニーク。

奥に進むと重要文化財の宝庫。

天井のつくりも素敵。

今日は建築の見学なので、展示物の詳細は後日。

▼と言いつつ雨ごい竜。

仁尾町の竜まつりで使用される藁でつくった竜。

外観上空の写真を見て分かるけど、段々上がりながら展示室がつくられている。

立体構造でぐるぐるまわりながら展示物を見ていると、現在建物のどこにいるか分からないという感覚が面白い。

ここは下がっている。

館内に石垣があるのも非常に珍しいよね。

外にいるのか、みたいな感じ。

さて、屋上展望台に行くよ~

屋上展望台

昨晩から朝にかけて雨が降っていたため、晴れたけど霞んでいる。

展望台にはウッドデッキがあった。

屋上部分も複雑な構造。

山の向こう側には流政之氏の「またきまい」があるよ。

▼「またきまい」流政之

紅葉と瀬戸内海。

まとめ

以前にも訪れたことがあったんだけど、その時は建物を鑑賞するという感性がなかった。

あらためて見るととてもワクワクする建物だと感じる(ようになった)。

香川県の建築をたどっていくとアーティストさんたちがつながっていくところが面白い。

しかしこんな素敵なスポットなのに、アクセスが悪いことが気になるよ。
今後最寄りの駅から直通のバスを用意していただきたいな。

▼香川県の「DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築」をまとめたのでよろしければご参考に。

公式サイト瀬戸内海歴史民俗博物館
開館時間:9:00~17:00
※入館は16:30まで
休館日:月曜日(月曜日が休日の場合は、原則として翌火曜日)
※年末年始は休館
場所
【住所】:香川県高松市亀水町1412−2
【電話】:087-881-4707
■googleマップで確認する