栗林公園の要予約「和船」に乗って舟遊びお殿様体験

栗林公園の要予約「和船」に乗って舟遊びお殿様体験

栗林公園南湖の遊覧をする和船に乗ってみた。

公式サイトには「要予約」と書かれているけど、混雑していなければ飛び込みでも対応可能のようだ。

いつもは陸からしか見ていなかった和船だけど、ちょうど空いていたのでお願いすると乗せていただけた。
お殿様気分になって舟遊び体験をするよ。

和船乗場

あの日傘をかぶるんだよ~

▼北湖(ほっこ)と南湖(なんこ)を結ぶ川、玉澗(ぎょっかん)を通って南湖(なんこ)まで出る。

栗林公園の和船に乗る

本日日曜日の午後、乗船者は私一名でのんびり。

▼迎春橋(げいしゅんきょう)が見えてきた。

和船から見た迎春橋

迎春橋(げいしゅんきょう)を抜けると南湖(なんこ)。

迎春橋を抜ける

頭は打たなかったよ。

と思ったらカワセミさんが目の前を飛んだ。
非常に素早い鳥、撮りたいね。

玉澗(ぎょっかん)を行き来するらしい。

▼和船から見た偃月橋(えんげつきょう)
和船から見た偃月橋

▼和船から見た恋ツツジ
和船から見た恋ツツジ

▼偃月橋(えんげつきょう)を見上げる
偃月橋を着物で渡る

絵になる女性が歩いてくれた。

▼流枝(なげし)の松
流枝の松

船頭さんが流枝の松と教えてくれた。

流枝の松

ん?何か木にとまっているぞ。

サギ

いつもと随分と雰囲気が違うアオサギさんだね・・・
仁王立ちでこちらを見ている。

しかし日傘を被らなければならないのは、周囲から見ても絵になるからだろうか。

随分周囲からパシャパシャと写真を撮られている気がする・・・
私も今までそうだったから今日はモデルになってあげよう。
苦しゅうないぞ。
※日傘をしていると顔が隠れるから、プライバシー保護にもなっていると思われる。

▼和船から見た天女嶋(てんにょとう)
天女嶋

いつも見ているのにこの目線だと天女嶋(てんにょとう)も違って見える。

島に五重の塔があったなんて気が付かなかった・・・
あの大きな木の説明をしてくれたのに名前を忘れた。
神の木らしい。

天女嶋の木

神々しい。

▼楓岸(ふうがん)を左手に、右は楓嶼(ふうしょ)という島、奥には掬月亭(きくげつてい)が見える。

和船から見た掬月亭

▼楓嶼(ふうしょ)
楓が散った楓嶼

先週まで紅葉で賑わっていたけどモミジさん散ってしまったね。

▼紫雲山を借景とする掬月亭(きくげつてい)
南湖の掬月亭

▼掬月亭(きくげつてい)と根上り五葉松(ねあがりごようまつ)
掬月亭と根上り五葉松

こうやって見ると、掬月亭(きくげつてい)の庭も素晴らしい。

根上り五葉松さんもいつもと違って見える。

和船から見た根上り五葉松

五葉松は栗林公園で1本だけ。
土台の赤松に接木している。

▼右に渚山(しょざん)が見える。南湖の石も奇麗だ。

南湖の石

▼奥に飛来峰(ひらいほう)、ツツジの島・杜鵑嶼(とけんしょ)、右に仙磯(せんぎ)という岩。

和船から見た飛来峰

▼天女嶋(てんにょとう)の正面
天女嶋正面

天女嶋(てんにょとう)には階段があるのも知らなかった。
栗林公園のことを知らなさすぎる。

天女嶋の階段

すると天女嶋(てんにょとう)にカワセミさんを発見!!

栗林公園のカワセミ

こちらを警戒しているのかな?

栗林公園のカワセミ2

キョロキョロ。

しかし面白いことに、私が発見したのだが、船頭さんに教えてあげると、「私も撮ります」と必死でカメラを取り出した(笑)
船頭さんでもうろたえるほど、カワセミさんは珍しいんだね。

発見することすら難しいカワセミさんだが、天女嶋(てんにょとう)で1分くらい滞在してくれた。

栗林公園のカワセミ3

かわいい~

▼仙磯にここまで近づくことができるのは和船ならでは。

仙磯アップ

南湖周遊は約30分。

いつもと違う栗林公園の見え方に感動した。
思いがけずカワセミさんに会えたし大満足。

静かにゆっくり進む和船も乗り心地抜群。

日曜日の午後、空いているので優雅にお殿様気分、おすすめかも。

季節を変えてまた乗ろう。

▼栗林公園の魅力についてのまとめ

公式サイト栗林公園の和船
乗船券
【大人】610円
【小人(小中学生)】300円
【未就学児】無料
※3歳未満のお子様はご乗船不可






コメントする

*
*
* (公開されません)