香川県の郷土料理「まんばのけんちゃん」を作ってみた。

香川県の郷土料理「まんばのけんちゃん」を作ってみた。

「まんば」という香川県の野菜をいただいた。

▼まんば(ひゃっか)
まんば

「まんば」は高菜の仲間で、「ひゃっか」ともいわれる。
高菜の仲間なので、辛子高菜みたいに漬物にし、唐辛子を入れて食べてみたのだが気分が悪くなり体調を崩した。
「まんば」はアク抜きをしないと食べられないようだ。
アクは他の生物に食べられないように備わっているもの。
無知だった。

さて、香川県の郷土料理「まんばのけんちゃん」を作ってみよう。
「けんちゃん」とは「けんちん」が訛ったもの。

まんばのけんちゃんの材料

▼今回の具材

  1. まんば・・・16枚
  2. 豆腐・・・1丁
  3. 揚げ・・・1枚
  4. 砂糖・・・おおさじ1
  5. しょうゆ・・・おおさじ4
  6. みりん・・・おおさじ3
  7. だし汁・・・2カップ
  8. 油(ごま油推奨)・・・大さじ1

まんばのアク抜き

「まんば」のアク抜きは、茹でて水につけて1日行う。

沸騰

▼茎側から鍋に入れる
沸騰したお湯にまんばを入れる

2、3分茹でる。
茹ですぎるとクタクタになっちゃうから気を付けてね。

▼茹でたまんばを水につけてラップをし、1日冷蔵庫で保管する
水に浸したまんば

鮮やかな緑色になったね~

▼アクが出た茹で汁
まんばのアク

黒紫ですごい色。
アクのにおいも部屋中プンプン。
これは処理をちゃんとしないと体調を崩すね・・・

まんばのけんちゃんの下準備

1日アクを抜いたまんばの下準備をする。

▼まんばを揃えて水を搾る
水を搾ったまんば

▼食べやすく切る
食べやすく切ったまんば

小さく切りすぎたかな・・・
大き目に切った方が食べ応えがあっていいかも。

▼豆腐と揚げ
豆腐と揚げ

豆腐はザルに入れておくと余分な水分を抜くことができる。
炒めれば蒸発はするので絶対にやらなければならない処理ではないけれど、最初にやっておけば進行がスムーズ。

調理

▼まんばを油で炒める
まんばを炒める

菜っ葉系を炒める時、私はいつもごま油を使用する。
お好みで。

▼まんばを炒めたら、豆腐を崩し入れる
豆腐を鍋に追加

豆腐を小さくしすぎた・・・麻婆豆腐みたい。
豆腐の大きさもお好みで。

▼豆腐が崩れたら揚げを追加
揚げを鍋に追加

▼全体的に炒められたら砂糖、しょうゆ、みりん、出汁を追加
だし汁を鍋に入れる

約20分煮込み、まんばが筋っぽくなければ味を調えて出来上がり。

完成

まんばのけんちゃん完成

おいしくできた~

まとめ

まんば独特のクセが病みつきになること間違いなし。
今年の冬は積極的にまんばを購入しよう。

香川県にお越しの際は、香川県の郷土料理「まんばのけんちゃん」をぜひお楽しみあれ。
※私はお店で食べたことがなく、メニューにあるのも見たことはないんだけど、検索すると「まんばのけんちゃん」がメニューにあるお店は結構あるようだ。
発見したらこの場でご紹介していこう。







コメントする

*
*
* (公開されません)