「Diogo Vaz(ディオゴヴァス)」の「キャラメリゼ・カカオニブ」

「Diogo Vaz(ディオゴヴァス)」の「キャラメリゼ・カカオニブ」が熱い。

カカオをローストして砕いたものをカカオ・ニブという。

そのカカオニブをキャラメルを絡めた(キャラメリゼした)商品なのだ。

200gなのでドッシリ。

西アフリカにあるサントメプリンシペ共和国産のカカオなのだ。

一口食べると・・・

「なんじゃこりゃぁ♡」

ウマすぎ!!!

甘さと酸味のバランスが絶妙。
甘かったり、酸味があったり、交互にやってくる。
カカオの香りも豊か。
カリッと食感も最高、ちょうどよい大きさ。

数年前から「ビーン・トゥ・バー」と聞くようになった。
カカオからチョコレートまでを一貫して製造すること。

先日は「ファーム・トゥ・バー」を知った。

そして今回のこの商品に使用されているキャッチは「トゥリー・トゥ・バー」なんだって。

また、普通はチョコレート工場では乳製品も製造していることがほとんどなんだけど、ディオゴヴァスの工場では乳製品を製造していない。
アレルゲンの混入はゼロとのこと。

スプーン1杯すくって口に入れると笑みがこぼれる。

何日間楽しむことができるんだろ(^^♪

追記。

アイスクリームにかけてみた。

森永乳業さんのMOWに。

MOWの美味しさがアップ。
ただカカオの風味がバニラに負ける。

MOWを美味しく食べるにはいいんだけど、せっかくのカカオが劣化する。
楽しいことは楽しいけどあまりおすすめはしない。