CACAO SAMPAKAのハートチョコ「ジントニック」

CACAO SAMPAKA(カカオ・サンパカ)さんはスペインのチョコレート屋さん。

ハートチョコ「ジントニック」をご紹介するよ。

ここでチョコレートの歴史を少し語らせていただこう。

紀元前2000年に中南米でカカオは栽培されていた。
この頃は、固形のものではなく飲み物であった。
砂糖は入れず、カカオの苦みを消すためコーンミールやトウガラシを使用していた。

1492年、コロンブスさんがヨーロッパにカカオを紹介した。

スペインではトウガラシを入れず砂糖を入れたんだよ。
要するに現在のチョコレートはスペインが生んだと言える。
19世紀まで、カカオは飲み物だった。

オランダのバンホーテンさんやスイスのネスレさんが頑張って現在のチョコレートができたんだよね。
(ハショりすぎ)

ヨーロッパで現在のチョコレートが生まれたんだけど、チョコレートの生みはスペインということになる。

話が長くなったけど、カカオ・サンパカさんはスペインのチョコレート屋さんだということ。

過去にもお世話になっている。

かなりオーラを放っているチョコレートだ。

「西洋杜松」の「杜松」は「ネズ」と読む。

ネズはお酒のジンの香りづけに使用される。

ネーミングが「ジン」なら分かるんだけど、なぜ「トニック」なのかすごく疑問を抱いた。

あ、ジントニックをご存じない方に説明すると、ジンはカクテルの王様「マティーニ」に使用されるお酒。

▼マティーニ

マティーニはジンとベルモットなんだけど、ジントニックはジンと炭酸で作る。

▼ジントニック

この炭酸を表現しているチョコレートなのか?と思ってしまったわけね。

ただの板チョコだと思っていたら大間違い。

こう見えてクリスピーな食感、まさにジントニック(^^♪
黄色のハートはレモンのチョコレートなんだけど、板チョコ部分にもレモンが入っている。

とても複雑な味。

さすがチョコレート発祥スペインのチョコレートだわ。

カカオ・サンパカさんのチョコレート、今後も大注目だね。

公式サイトCACAO SAMPAKA