シャテルチョコレート(Shattell Chocolate)のカカオニブが香ばしい。

マニアックなチョコレートをいただいた。
ぺルー・ティンゴマリア産「Shattell Chocolate(シャテルチョコレート)」のダーク70%カカオ。

サロン・デュ・ショコラ2019にも参加されている。

サロン・デュ・ショコラ:シャテル

サロン・デュ・ショコラ:シャテル

【2019】シャテル|サロン・デュ・ショコラ日本公式サイト

パッケージ側から見ると普通の板チョコなんだけど、裏返すと・・・

70%カカオのダークチョコレートに、カカオニブがちりばめられている。
カカオニブとはカカオ豆をローストして砕いたもの。

滑らかな口溶けを楽しむも良し、カリっと噛んで歯応えを楽しむも良し。
フルーティな味わいに、カカオニブの香ばしさが加わって、甘さ控えめなのに甘みが引き立つ。
それでいて後味はスッキリ。

今季のバレンタインデーチョコレートの中で唯一の南米チョコレート。
チョコレートも所変われば味わい方も変わるものだね。

産地の違いをもっと知れば、チョコレートの楽しみももっと増えるかも。

▼バレンタインデーのチョコレートをまとめいるのでよろしければご参考に。