瀬戸内国際芸術祭2019!「直島」スタート編

瀬戸内国際芸術祭2019!「直島」スタート編

「瀬戸内国際芸術祭2019」が始まり、高松市に観光客が押し寄せている。
私も流れに乗ろうと直島に行ってきた。

直島って「香川県香川郡」なんだよ。
(香川県より岡山県に近くて、香川郡から滅茶苦茶遠い。)

直島に行くには高松港から。

高松港直島行き切符売り場

高速艇でも行くことができるけど、ゆっくり行こう。
※高速艇は「フェリー3日間乗り放題乗船券」は使用できない。
切符は▼で購入するよ。

※高速艇乗場と違う場所なので間違えないでね。

直島行き「あさひ」

「あさひ」が来た。
収容人数は500人。

▼8:12(始発)高松発に、40分前の到着でこの位置。

あさひと高松シンボルタワー

瀬戸内国際芸術祭+GWはもちろん混雑・・・

あさひ屋上

皆さんは室内の席取りを優先するので、屋上を目指して来るとこんな状態。
※この後すぐに席が埋まる。

▼女木島行き混雑状況。

あさひから見た女木島行き

女木島(めぎじま:鬼が島)も会期中に行きたい。
女木島に行くなら男木島(おぎじま)にも立ち寄ろう。

▼室内に行くと座る場所がないように見えるけど、詰めてもらって座ることができた。

あさひ室内

ゴールドに輝く高松シンボルタワーさん、行ってきます。

朝陽を受ける高松シンボルタワー

屋島さんも行ってきます。

あさひから見た屋島

せとしるべさんも行ってきます。

あさひから見たせとしるべ

って先が長くなりそうなのにこんなところで写真枚数を増やしてどうする・・・

女木島

といいつつ女木島さんも・・・

クラゲさんの数がすごかった。

瀬戸内海のクラゲ

大槌島さんも行ってきます。

大槌島

あさひの甲板

甲板では、皆さん立ったり、景色を見に手すりまで行ったりするので、待っていれば席は空くよ。
暑い時期(本日5月5日)なのだけど、ここは結構冷えるので、長袖で正解。

「瀬戸内国際芸術祭2019」、今年も盛り上がっていこう!

あさひの瀬戸内国際芸術祭2019横断幕

前置が長くなったので、続く・・・
※直島の写真整理をしていたら長くなる予感がするので、今回はここまで。

日傘やフェースガードなど紫外線対策をお忘れなく。

「瀬戸内国際芸術祭り2019!「直島」編」に続く。

▼瀬戸内国際芸術祭2019についてまとめたのでご参考に。

公式サイト直島の作品
直島までの運賃・時刻表四国汽船のサイト
マップ