高松市木太町「中華飯店メイウェイ(ChinaDining MeiWei)」の讃岐餃子

「讃岐餃子」とは讃岐うどん用に開発された小麦「さぬきの夢」を皮に使用した餃子。

香川県産の食材をふんだんに使用していることが条件だ。

私は讃岐餃子に出会うまではカリッとした皮が好みで、モチッとした餃子の皮は少し苦手だった。
「さぬきの夢」を使用した皮のモチッと感にハマった。

本日は高松市木太町「中華飯店メイウェイ」さんの餃子をテイクアウトしよう。

電話をすると20分から30分でできるとのこと。

荒挽きのオリーブ豚がたっぷり詰まった餡は、さぬきの夢との相性ピッタリ。県産野菜たっぷり、そして生キクラゲも使用したアクセントのある焼き餃子です。

讃岐餃子公式サイト
中華飯店メイウェイの讃岐餃子

ワイルドな香りがして、他店の印象と少し違う餃子の香り。

中華飯店メイウェイの讃岐餃子の中身

皮は例によってモチッと。

野菜も肉もたっぷり。
ややキャベツの甘味を感じる。

しかしオリーブ豚の旨味とキクラゲがベストマッチで、ほぼこの2つの食材が大きく主張している。

中国の方は餃子とライスはあり得ないらしいけど、ライスとガッツリ食べたい餃子。

メイウェイさんは他の料理も美味しいから、またお店でいただこう(^^♪