超パワースポット!世界遺産「上賀茂神社」に行ってきた。

世界遺産「上賀茂神社」の正式名称は「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」という。
同じく世界遺産の「下鴨神社」とともに「賀茂神社」と総称される。

賀茂祭(葵祭)は有名だよね。

下鴨神社でも見たけど、上賀茂神社でも葵を発見。

徳川家の三葉葵は賀茂神社の葵が由来。

▼このロゴかわいい。


※画像は公式サイトより。

ちなみに葵は双葉で、徳川家の「三葉葵」ってのは矛盾しているそうだ。
葵を育ててみたい。

上賀茂神社は国宝が2棟、重要文化財41棟というとてつもなく貴重なスポット。
京都では同じく世界遺産「宇治上神社」と並んで古い神社なのだ。

歴史について学んでいて感じたんだけど、史実と神話がごっちゃになっていつできたのか不明(笑)
不謹慎、夢を壊すようなことを言って申し訳ない・・・
「パワースポットに行く」という感覚で。

先入観は抜きにして、都合のいい歴史を学んで楽しんだら良いのではないかと。
上賀茂神社に行ってみよう。

アクセス

京都駅から市営バス9番に乗り、「上賀茂御薗橋」下車。
徒歩で賀茂川を渡る。

「一の鳥居」にすぐ着くよ。

一の鳥居

雄大な鳥居、向こう側のスペースが広くてワクワク。

「二の鳥居」が見える。

暑いよ~

馬場殿(外幣殿)

外幣殿(げへいでん)、御所屋(ごしょのや)、馬場殿といろいろ呼び方があるね。

法皇、上皇等の御幸(ごこう・みゆき)
摂関賀茂詣での際の著到殿、また競馬会神事、葵祭に使用する。

御幸とは「おでまし」、「旅行」、「外出」という意味。

三の鳥居と「ならの小川」

とても涼しい場所。
瑞々しい。

藤原家隆卿の歌碑

「風そよぐならの小川の夕ぐれはみそぎぞ夏のしるしなりける」
藤原家隆卿

小倉百人一首の古歌で有名な「ならの小川」で平安の昔、神職がみそぎを修していた情景を詠んだものである。
この辺りを「ならの小川」と称する。

神馬舎

神馬の神山号ちゃんは本日お休み・・・
餌やりしたかった。

二の鳥居

茅(ちがや)の輪

くぐり方が右に説明されている。

神社では6月後半に設置される。
無病息災を願う神事。

楽屋

細殿

立砂

盛砂(もりずな)とも云い、「たつ」とは神様のご出現に由来した言葉であり、神代の昔に御祭神・賀茂別雷神が最初に降臨された、本殿の北北西2km奥にある円錐形の美しい形の神山に囲んだもので、一種の神籬(ひもろぎ)(神様が降りられる憑代:よりしろ)である。鬼門・裏鬼門にお砂を撒き清める風習は此の立砂の信仰が起源で、「清めのお砂」の始まりである。

授与所

ここで八咫烏(ヤタガラス)みくじを買うの忘れた(泣)
ヤタガラスさんかわいいんだよ。

手水舎

七夕の短冊が。

橋殿(舞殿)

舞台の下は川が流れていて気持ちいい。

岩上(がんじょう)

賀茂祭(葵祭)には、宮司はこの岩の上に蹲踞(そんきょ)、勅使と対面し、御祭文に対して神のご意思を伝える「返祝詩(かえしのりと)」を申す神聖な場所である。
太古御祭神が天降りされた秀峰神山(こうやま)は本殿の後方約2kmの処に在り、頂きには降臨石を排し、山麓には御阿礼所(みあれしょ)を設け厳粛な祭祀が斎行されてきた。
この岩上は神山と共に賀茂信仰の原点であり、古代祭祀の形を今に伝える場所である。神と人との心の通路(かよいじ)でもあり、「気」の集中する場所である。

紫式部歌碑

岩上の横に紫式部の歌碑があるよ。
紫式部さんも参拝されたそうだね。

「ほととぎす声待つほどは片岡の杜のしづくに立ちやぬれまし」

片岡は後述の摂社「片岡社」のことで、縁結びの神。
ホトトギスとは、将来の結婚相手のことを指し、片岡社の梢で朝露のしずくで濡れて待ちましょう、と訳される。

渉渓園

花しょうぶ

香川県では時期が過ぎた花しょうぶが咲いていてビックリ。

睦の木

このスダジイの木は、300年以上昔よりこの大地に根ざし、一つの根より大樹が何本も伸びているところから、一つに結ばれた仲睦まじい家族を表し、家族の絆や家内安全を見守って下さいます。そっと手を合わせてお祈り下さい。

願い石(陰陽石)

この渉渓園は、古く龍の住む池があったと言われ、池の底より出土した「陰陽石」は陰と陽が極まり融合した(実った)姿を現しています。両手で同時に手を触れ、そのお力を頂いてから賀茂山口神社にお参りください。

「賀茂山口神社」は「願い石」のすぐそばにある摂社。

楼門

お~下鴨神社とテイスト一緒。

モザイクのイノシシが可愛かった。

玉橋

立ち入り禁止だった。

片岡橋

あれ、片岡橋は通ることができたよ。

片岡社

さきほど紫式部歌碑で触れた片岡社。
恋愛成就の期待大だと思われる。

須波神社

中門

特別参拝をさせていただこう。
500円だよ。

本殿と権殿の中に入ることができるのだ。

神職による神話と、権殿と本殿の説明、とても興味深いお話だった。

檜皮葺(ひわだぶき)の説明と、屋根の前後の長さが違うというところが記憶に残った。

檜の樹皮を何枚も重ねて屋根を作る、とても変わった工法。

まとめ

私は信心深くないわけでもないんだけど、そんな私がものすごいパワースポットだと感じずにはいられなかった。
これは下鴨神社でも感じたこと。

境内を流れている空気は清らかで輝いている感じがするんだよね。
ずっと滞在していたいし、とても気持ちが良くなるスポットだ。

葵祭は毎年5月15日に行われる。
その時期はなかなか忙しいんだけど、いつか来たいな。

▼京都世界文化遺産を巡っているので応援をよろしく!

公式サイト上賀茂神社(賀茂別雷神社:かもわけいかづちじんじゃ)
参拝時間:5:30~17:00
場所
【住所】:京都府京都市北区上賀茂本山339
【電話】:075-781-0011
Googleマップ