ZEISS Batis 2/25で撮る高松の夜景スナップ

本日の使用レンズはeマウント単焦点レンズ「ZEISS Batis 2/25」。

今日も仕事帰り、景色を惰性で撮っていくよ。

クレメント高松からスタート。

▼オリエンタルユリ

オリエンタルユリと一口に言うけど、ユリはとても種類が多くなかなかパッと見では判別がしにくいね。

▼サンシュユ

花を見ると疲れを忘れる。

誰もいない景色、モデルさんでも立っているだけで良くなる写真ってのがある。

▼アリッサム

単焦点レンズは被写体に寄ったり引いたりすればいいんだけど、私の場合、25mmは撮ろうと思った瞬間まず下がるね。
Loxia21mmに興味が湧く。
下がればいいんだよ、浮気はダメだ。

JR高松駅に移動。

▼中央のオブジェは流政之氏の「だいてんまい」。

電車を眺めながらコーヒーでも飲みたいね。

「だいてんまい」を斜め上から撮影。

芸術作品の周りに生活感。
一瞬アートへの冒涜かとも見てしまうんだけど、流政之氏はこういうのを望まれているのではないかと。
(想像)

さて家路に。

「トキワ新町」のネオン管、修理してほしいんだけどなんかエモい。

閉店したショップのショーウインドウには夢がある。

「菊池寛通り」は好きなストリート。

菊池寛さんは直木賞や芥川賞を作ったお方だよ。
菊池寛さん生家が近くにあって、流政之氏が作品を展示。

縦撮りが多くなった。

ネオンを反射している・・・

アイゼンさんのネオン。
ネオンは珍しいよね。

接触不良のネオン管が静寂なフェリー通りでジージーと鳴く。

ハナミズキがいっぱい咲く通り。

JR高松駅からJR栗林駅まで徒歩40分。

高松市の写真を撮る時におすすめアクテビティだ。

▼本日の使用レンズ