高松市庵治町「遠見山」にある奈良朝時代の「のろし台」

あじ竜王山公園から高松市内への帰り道、「遠見山」ののろし台の説明書きを発見した。

遠見山ののろし台説明

山の中にポツンとこの説明書きがあったんだけど、県外ナンバーの自動車が2台もとまっていた。
そんなに話題のスポットなんだろうか?

山を400mってかなり時間はかかるんだろうけど、行ってみよう。

遠見山頂上への道

変わった木が生えているね。

遠見山頂上への道2

葉っぱがほとんどないので歩きやすい。

遠見山登山道の岩

大きな岩が現れ始める。

遠見山のボルダリングスポット

頂上までの途中、先ほどの自動車2台の方々がボルタリングをされていた。

どうやらここはボルタリングのスポットらしい。

ボルダリングをする方からすると話題のスポットなのか・・・
多くの人が価値を見出しているなら私も、とそんな心理が働いてしまったよ(笑)

遠見山の木

夏も終わりかけ、セミさんもまだ頑張っている。

木がうっそうと茂っているけど、時々景色が見える。

▼五剣山と屋島
遠見山ボルダリングスポットからの五剣山

この岩もボルタリング用。

岩に生える松

時々岩を乗り越えるのでご注意を。

遠見山の岩2

地面も滑りやすい。

遠見山もう少しで頂上

ここからさっき行ってきた「あじ竜王山公園」が見えた。

遠見山から見たあじ竜王山公園

あとちょっとで頂上。

遠見山の岩3

枯れた桜の木。

駆れた桜の木

木が細くなって、皮がブカブカ。

登頂。

遠見山頂上

▼反対側。

遠見山頂上海側の景色

▼のろし台あと
遠見山のろし台

ざっと20分くらいで登ることができたけど、スニーカーでは滑ることが多くて怖かった。
スニーカーでも気を付ければ大丈夫だけど、登る際はトレッキングシューズがおすすめ。

しかし、屋島の「長崎の鼻」や「小田の鼻」に合図を送ってたんだ、「へ~確認してみよう」という目的でも始めたトレッキングだったのに、その目的を見失ってしまっていたようだよ(笑)

有意義な食後のトレーニングにはなった。

ボルダリングをされる方はもちろん、景色がとても良いので「あじ竜王山公園」とセットで訪れることをおすすめするよ。