写真撮影が苦痛?「ZEISS Batis 2/25」

本日の使用レンズはEマウント広角単焦点レンズ「ZEISS Batis 2/25」。

先日、いつも写真をSNSにアップしている方で、写真を撮ることが苦痛だとおっしゃっていた方がいらっしゃった。
何となく苦痛だということが理解できる。

インスタって、コメントをOFFにできるけど、「いいね」のOFF機能があったらいいなと思った。

「いいね」を押していただくなんておこがましいと思うことあるもんね。

▼押し込まれた郵便物の影が面白い。

高松市広角レンズスナップ

見てもらうために写真を撮っているって方が大多数だと思う。

でも昨日撮った写真はまったくブログには上げようとは思えない写真ばかりだった。

高松市広角レンズスナップ2

眺めているものが面白くて、それを記録する。

見せるためではなく。

その中から、他の人にも見てもらいたいものが1枚でもあればさらに楽しい(^^♪

高松市広角レンズスナップ3

人を楽しませるには限界がある。
自分を楽しませるのは無限。

写真撮影やブログが継続できないって嘆いている方は、嘆いたり愚痴を言う必要がない。

継続できないということは、やりたくないことをやっているからだと思うんよね。

高松市広角レンズスナップ4

「ネタがない」のはそういうこと。

楽しんで、継続できた者がいいんだ。

質は後からついてくる。

高松市広角レンズスナップ5

皆と同じ写真を撮って満足する人もいれば、まったく違う写真を撮る人もいる。

さらに、そんなこと超越してどちらでもない人もいっぱい存在している。

高松市広角レンズスナップ6

自己肯定感が極端に低い人と会話した。

聞かなかったけど、もし自分より能力の低い人間しかいない集団で生活したら優越感を感じられるのだろうか?

安心している自分に満足できるのだろうか。

高松市広角レンズスナッ77

結局、批判的な人は自分を認めない社会を批判しているだけのこと。

高松市広角レンズスナップ8

それより、美味しいうどん屋さんを探す方が有意義で楽しい(^^♪

高松市広角レンズスナップ9

ま、強い人間なんていないんだけど。

高松市広角レンズスナップ10

いい写真を撮るより、写真を撮るのは楽しいってことを再認識することをおすすめする(^^♪