アウトドアで作る簡単スープカレー

スープカレーとは

香川県の方にはほぼ馴染みがないと思うんだけど、スープカレーとは北海道札幌市で展開されているスープ状のカレーのことだよ。

札幌にはスープカレーのお店が約200店舗存在している。

香川県でもようやく何店かスープカレーのお店ができてきて、徐々に浸透してきている感じ。

北海道出身の私としては嬉しいかぎり(^^♪

アウトドアで作ってみよう。

ルーで作るパターン、カレー粉とスパイスで作るパターンを紹介するよ。

市販のルーでスープカレーを作るパターン

アウトドアで作る時は、簡単に作るのがいいね。

毎週末はマイタケを炒めて食べるということにハマっていた(笑)

エリンギとマイタケを炒める

自宅ではスパイスからスープカレーを時々作っている。

マイタケのスープカレーを作ってみよう。

簡単に作る時はルーを併用。

スープカレーの材料

オリーブオイルを使いたかったけどごま油しかなくて・・・
そんなノリでいいね。

スーパーでスパイスを見て、際立たせたいスパイス2種を購入。
(クミンシード、クローブ)

ルーはハウス食品さんの「スープカリーの匠」ペーストタイプ。

使用したのは「濃厚スープ」。
「豊潤スープ」という商品もあるよ。

温めるだけのレトルトタイプもあるんだけど、好きな具材で作りたいからルータイプを使用。

スープカレー用のルーはまだこの製品しか見たことがないけど、ない時は普段使いのルーを使用するといいね。

▼ごま油でクミンシード、クローブを炒める。

スパイスを炒める

香りがたったらミンチを炒める。

ミンチを炒める

火が通ったら別の鍋に移す。

そしてマイタケを炒める。

マイタケを炒める

ミンチとマイタケを合わせ、水を入れて少し煮込む。

マイタケスープカレー

完成。

マイタケスープカレー完成

以前スパイスを追加せず普通に作ってみたんだけど、それだけでも美味しいよ。

好きなスパイス・具材を入れてアレンジを楽しんでもいいね(^^♪

カレー粉とスパイスで作るパターン

スープカレーの材料

基本的にカレー粉を使用するので、スパイスは必要ないんだけど、際立たせたいものを使用するといい。

トマトを使用したいところだけど、処理に時間がかかる。

ホールトマトだと量が多くて余ってしまうのでトマトジュースを使用するね。

▼材料1(必要なもの)
・ミンチ(一番少ないもの)
・トマトジュース
・タマネギ
・鶏ガラスープの素
・オリーブオイル
▼材料2(必要ではないけど今回使用したもの)
・好きな野菜(今回はマイタケ)
・おろしたニンニクとショウガ
・好みのスパイス(クミンシード、カルダモン、シナモン)

※タマネギは炒めると時間がかかるので「炒めタマネギペースト」を使用した。

オリーブオイルでニンニク、ショウガ、クミンシードを炒め、香りが立ったらミンチを炒める。

カルダモン、シナモンを炒めたミンチに追加し別の鍋に移す。

マイタケを炒めミンチと合わせる。

トマトジュースをヒタヒタになるまで入れ、鶏ガラスープの素、タマネギペーストを入れ、少し煮込む。

完成(^^♪

アウトドアで作るスープカレー

美味しい!

まとめ

最初のルータイプは早く安く作ることができるのでおすすめ。

もっと簡単に作るなら、カレーうどんのスープもいいかも。

カレーうどんのスープ

でもスパイスをある程度使って好みの味にしたい場合は後述のカレー粉から作るパターンだね。

さらにカレー粉をスパイスに変更するともっと本格的。

あ、でも前述のルータイプはスープカレーの素を使うのが一番プロの味になる(笑)

私は2つ作ってみて思ったけど、ハウス食品さんの「スープカリーの匠」を発見したら買い溜めしておこうかと思う(^^♪

アウトドアクッキングをこれからも楽しもう。

▼使用した器材