鳴門市「JF北灘さかな市」で新鮮な魚介料理の朝食を

鳴門の美味しいを堪能!「JF北灘さかな市」と「漁協組合うずしお」

鳴門市にある「きたなだ海の駅」には「JF北灘さかな市」さん、「漁協食堂うずしお」さんがある。
鳴門市のグルメはほぼここで食べたり購入することができるのだ。

「漁協組合うずしお」

「漁協食堂うずしお」さんはスダチブリをはじめ、鳴門の魚介類を食べることができる食堂。

▼「漁協食堂うずしお」さんのスダチブリ定食
漁協食堂うずしおのスダチブリ

▼てんぷら定食
さかな市の天ぷら定食

▼「漁協食堂うずしお」さんではカセットコンロで魚介類を焼くことも可能。

漁協食堂うずしおでサザエとイカ焼き

とても充実した食事内容だ(^^♪

「JF北灘さかな市」

「JF北灘さかな市」さんでは徳島県のお土産、新鮮な魚介類や野菜を販売している。

干されたイワシ。

北灘漁協組合さかな市の干したイワシ

活魚販売コーナーもあるよ。

北灘漁協組合さかな市の水槽

お魚さんと触れ合えるコーナーも。

北灘漁協組合の魚

以前は2つの施設とも晩御飯まで食べることができたんだけど、働き方改革で労働時間が見直されたようだ。
「JF北灘さかな市」さんの営業時間は8:30~17:00、「漁協食堂うずしお」さんは10:00~15:00までの営業形態となったのでご注意を。

「JF北灘さかな市」で朝ごはんのすすめ

朝から夕方までの営業になっちゃったので、新鮮で贅沢な魚介類を朝ごはんに食べて1日の活力を。

北灘漁協組合さかな市

魚そのものや切り身、刺身、アラなどとても魅力的なものが並ぶ。

北灘漁協組合さかな市店内

基本的にお土産に購入するものではあるんだけど、ここで食べる朝ごはんをこの中から選ぶよ。
テーブルが置かれていて、買ったものをここで食べることは想定してくれている。

無料のワカメの味噌汁

10月から4月はワカメの味噌汁を無料で提供してくれるので、これも朝ごはんにしよう。

北灘漁協組合さかな市の無料味噌汁

刺身

焼き魚、煮魚など調理したものもある。

焼いた鯛

北灘漁協組合さかな市店内冷蔵庫

値段もお安い。

北灘漁協組合さかな市店内2

基本的にこのままの販売で、調理していないものはお土産として購入するしかないので朝ごはんにはならない。
調理してほしいものは「漁協食堂うずしお」さんで注文して食べればいいので問題ないんだけどね。

刺身を朝ごはんにしよう。
今まで食べたものは以下。

▼シマアジの刺身580円
北灘漁協組合さかな市のシマアジ刺身

ワカメもたっぷり入っていてこの価格は安い!

さっきさばいたんだろうね、歯ごたえがとてもいい。
味もしっかり。

▼タコ(ボイル)
JF北灘さかな市のタコ

値段は忘れたんだけど、500円くらいだったかな。
鳴門で食べる魚介類はすべて歯ごたえがいいんだよね。
他ではなかなか食べられないもので、とても贅沢を味わっている気がするよ。

貝類

調理済みのものはもちろんあるんだけど、貝類だけはその場で焼いてくれるんだよ~

北灘漁協組合さかな市の活貝焼き

量り売りなので、値段は参考程度で。
1個焼くのに100円が必要。

▼サザエ4個2,000円(焼き代込み)
サザエの量り売り

サザエは4個合計1,600円で、1個焼くのに100円なので4個で400円、合計2,000円という計算。

毎回主食のおにぎりは持参。

北灘漁協組合さかな市のサザエ

▼サザエ、カキ、シロハマグリで1,400円(焼き代込み)
北灘漁業協同組合「さかな市」の焼き貝

▼ハマグリ6個1,600円(焼き代込み)
北灘漁協組合さかな市の白蛤

ハマグリ1個は安いんだけど、6個の焼き代は600円になってしまう・・・
焼く個数も考えて購入しよう。

併設のたこ焼き

たこ焼き屋さんもあって、たこ焼きを朝ごはんとして食べることも可能!
普通のたこ焼き300円、鳴門のワカメ入り350円。

北灘漁協組合さかな市のワカメ入りたこ焼き

普通のたこ焼きは一般的なたこ焼きなんだけど、ワカメ入りが断然おすすめ。
タコ、ワカメに加え玉ねぎも入っていてユニーク。

猫ちゃんたち

亡くなってしまった「なる駅長」にはずいぶんお世話になった。

なる駅長

なぜか写真を撮っていないんだよね(泣)
後光がさしていたのもあって写真を撮るのは恐れ多いというか・・・

凛とした中に人懐っこさがあり、皆に愛されていたね。
お亡くなりになってもう会えないなんて悲しい限り。

その横でせっせとご飯を食べている彼がいたよ。

北灘漁協組合の猫

※2019年5月、この子のお墓らしきものを確認・・・
ご冥福をお祈りする。

北灘漁協組合さかな市の猫ちゃん

いつもお墓は花がきれいに飾られてあり、大事にされている。
ここで働かれている方々のこころを感じる。

そんなことを考えていると、ここで食べる魚介類が美味しい理由のひとつなんだなと思う。

そして新しい仲間も加わっているよ。

さかな市の3匹の猫

うりちゃんとこなつちゃんはとても仲がいい。

さかな市の猫「うり」と「こなつ」

というか、一方的にうりちゃんがこなつちゃんを気に入っている感じ(笑)

やまと君はいつも我関せず。

さかな市の猫「やまと」

まとめ

贅沢な朝ごはんを食べたければJF北灘さかな市さんを推すよ。

ワカメの味噌汁が無料で食べられるので、主食を持ち込めば大満足朝ごはんの完成。

私はちょっとリフレッシュしたい時にはここに来ているよ(^^♪

公式サイトJF北灘さかな市
営業時間:8:30~17:00
定休日:なし
場所
【住所】:徳島県鳴門市北灘町宿毛谷相ケ谷23
【電話】:088-683-8137
■googleマップで確認する






コメントする

*
*
* (公開されません)