まるざ発芽玄米研究所の玄米おはぎ

高松市牟礼町にある「まるざ発芽玄米研究所」さんに立ち寄った。
玄米に黒米・赤米・緑米を使用した「古代餅」をはじめとした商品を販売している。

また、カフェでは発芽玄米を使用した「古代餅ピザ」や「古代餅パワフルサンド」、玄米米粉のカレーパウダーからつくった「15種スパイスの薬膳カレー」など超魅力的なメニューが並ぶ。

あいにくカフェのラストオーダーは14:00までで、本日はランチを食べることができなかったんだよ・・・

商品の販売所とカフェは道路を隔てて建っている。

▼商品販売所
まるざ発芽玄米研究所の商品販売所

▼カフェ
まるざ発芽玄米研究所のカフェ

まずカフェから行くよ。

まるざ発芽玄米研究所カフェの暖簾

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)が世間を騒がせている。
除菌シートやスプレーは今やどこにでもあるよね・・・

まるざ発芽玄米研究所カフェ店内

▼窓の外に見えているのは屋島。

まるざ発芽玄米研究所カフェ店内2

▼国道11号線が走る。

まるざ発芽玄米研究所カフェ店内から見た屋島

公式サイトではカフェの「予約」とあったんだけど、予約制ではなく飛び込みでもいいとのこと。
ランチを食べることができず残念。
次回食べに来るよ(^^♪

他店の健康商品も取り扱う。

まるざ発芽玄米研究所カフェ店内の商品

▼黒米入り玄米煎餅
まるざ発芽玄米研究所カフェ店内の玄米煎餅

玄米煎餅は販売所にもあるというので、販売所に行ってみよう。

まるざ発芽玄米研究所カフェ店内の玄米煎餅2

玄米は籾米(もみごめ)から籾殻(もみがら)を取り除いたお米のこと。
ビタミンB群が白米に比べてとても豊富。
食品成分表のほんの一例になるけど、食物繊維は約6倍、マグネシウムは約7倍となる。
それでいてカロリーはほぼ同じ。

特に「発芽玄米」となると食満繊維は約18倍、マグネシウムは約20倍ほどに跳ね上がるというスーパー健康食品なのだ。
発芽玄米は玄米を少しだけ発芽させたもの。
発芽時に栄養価がグッと上がるわけだ。
発芽玄米になるとカロリーは約2倍になる。
※文部科学省「日本食品標準成分表」による。

まるざ発芽玄米研究所の商品販売所入り口

すごい清潔な建物。

店内の空気を吸うと美味しい。
いい空気清浄機を使用されている。

取り扱う商品をガラスケースにて販売しているよ。

▼三年熟成天然醸造の生味噌「食べる玄米麹味噌」
まるざ発芽玄米研究所の玄米麹味噌

▼発芽玄米煎餅
まるざ発芽玄米研究所の発芽玄米煎餅

▼発芽玄米煎餅「黒米入り」
まるざ発芽玄米研究所の発芽玄米煎餅黒米入り

まるざさんの古代米は徳島県佐那河内米を使用している。
日本最古の棚田米なのだ。

とても美味しそうだね。

▼塩ときな粉
まるざ発芽玄米研究所の塩ときな粉

塩はまるざさんがセレクトしたもの。
海のミネラル90種類のうち68種類も含む。

▼古代餅
まるざ発芽玄米研究所の古代餅

1枚約150円くらいなので栄養価を考えるとコスパは高い。
1食1枚を食べる玄米デトックスが紹介されていた。

これを目当てに来たんだけど、カフェでも食べられるとのことで次回のお楽しみにましょ。
ここにトースターを置いてすぐに食べられるようにしていただきたいと要望をお伝えした。
「それ面白いかも」とおっしゃっていただいたので、実現するといいな(^^♪

▼黒米・赤米・緑米
まるざ発芽玄米研究所の黒米・赤米・緑米

▼玄米米粉カレーパウダー
まるざ発芽玄米研究所のカレー粉

玄米米粉使用のカレー粉。

原材料は「焙煎玄米粉(もち米)」・「クミンシードパウダー」・「コリアンダーパウダー」・「ターメリック」・「カイエンペッパー」・「シナモン」・「カルダモン」。

グルテンフリーなのでダイエットに効果的。

ちなみに「グルテンフリー」とは「タンパク質」が入っていないということ。
グルテンフリーの食材のデメリットはビタミンやミネラル、食物繊維がカットされてしまうことなんだけど、玄米はそれらを補うわけだ。

そして本日は玄米煎餅でも買って帰ろうかと思ったんだけど、「玄米おはぎ」を見て即買い!

▼玄米おはぎ5個(税込み1,080円)
まるざ発芽玄米研究所の玄米おはぎ

注文を受けてからつくるので10分ほど待つ。

まるざ発芽玄米研究所の玄米おはぎきな粉

まるざ発芽玄米研究所の玄米おはぎゴマ

まるざ発芽玄米研究所の玄米おはぎノリ

卓球のボールくらいの大きさでとても可愛い。

日持ちはしないのでその日の内に食べないといけない。

どれも個性的な味で飽きないよ。

玄米のプチプチ感が楽しい。

まるざ発芽玄米研究所の玄米おはぎゴマアップ

噛めば噛むほど口の中で味わいが深くなっていく。
これはいいよ!

玄米美味し!
玄米にハマったかも。
まるざさんには今後通うことになると思う。

これは次回カフェのレポートもしないとね(^^♪

まるざ発芽玄米研究所の皆様、ありがとうございました。

▼香川県のグルメまとめ

公式サイトまるざ古代餅
営業時間:11:00~18:00
※カフェのラストオーダーは14:00まで
定休日
【ショップ】日曜日定休
※月・土曜日は不定休
【カフェ】土・日・月曜日定休
場所
【住所】:香川県高松市牟礼町牟礼2310
【電話】:087-845-5200
Googleマップ