登録有形文化財「寳月堂(ほうげつどう)」で和菓子を購入

丸亀市米屋町にある和菓子屋「寳月堂(ほうげつどう)」さんは、1917年(大正6年)創業の和菓子屋さん。

和菓子教室もされている。

▼北から南。

寳月堂2

写真右、看板のある白い建物が和菓子を販売している。
白い建物は明治31年の建築。

3階建ての高い建物は大正7年建築。

寳月堂3

この建物が登録有形文化財なんだ。

寳月堂6

1階が工場、2階はレンタルスペースとなっている。

3階は何だろう?

寳月堂5

▼南から北に向いて。

寳月堂

3階建ての手前にある黒い建物は昭和6年の建築。

2階にある隣の建物との仕切りは「卯立つ(うだつ)」ね。

防火の役割がある。

また商売をしていて「うだつが上がらない」(地位や身分が上がらない、商売繁盛しない)わけにはいかない。
昔の方は見栄を張るためにつくってたんだよね。

寳月堂7

石や水の演出も粋。

駐車場でヒマラヤユキノシタを発見。

寳月堂のヒマラヤユキノシタ

さて、百年以上続く和菓子を少しいただきましょ。

寳月堂の和菓子

▼京極さま(左)、まるがめ(右上)、六万石(右下)。

寳月堂の和菓子2

どれも高品位、上品な和菓子だった。
現代的で懐かしくもあり、老若男女におすすめできる和菓子。

寳月堂の和菓子3

洋菓子や、今風の和菓子もいっぱいあったね。

外観から内観、商品、接客サービス、一貫してとても素晴らしいスポットだよ(^^♪

和菓子の可能性を再確認。

2階のレンタルスペース(1時間1200円、終日8,000円)も次回お借りしてみたい。