天然水素温泉の露天風呂「白馬八方温泉おびなたの湯」

安曇野ちひろ美術館から自動車で約50分かけて長野県北安曇郡白馬村にある天然水素温泉「おびなたの湯」に到着。

天然水素温泉で、アンチエイジングに効果があるとのこと。
ワサビとのダブル効果が期待できるね(^^♪

待合室はあるけど基本的に露天風呂だけ。
お金を払ってお風呂に入る。

天然水素の飲泉口
「おびなたの湯飲泉口」は(株)日本温泉総合研究所の調査により「水素」が溶存していることが判明しました。また、飲泉した直後に呼気の水素濃度を測定した結果、通常に比べ大幅な濃度の上昇が各院されました。
水素は体内に取り込まれることにより、抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待されています。
※アルカリイオン濃度が高いため、水道水にて希釈してご利用ください。
<溶存水素濃度>
おびなたの湯飲泉口250ppb

水素の温泉ってどんな感じなんだろう。
雨の露天風呂を眺める。

雨がシトシト。
水素を感じることはできなかったんだけど、ずっと入っていたくなる温泉だった。

白馬にはまだ魅力的な温泉がいっぱいある。
すべてまわりたいけど、ここはまた来ることになるだろう。

別荘に戻り、庭でとったお花を肴に地酒の大雪渓。

公式サイト八方温泉おびなたの湯
入浴料金
【大人】650円
【小人】300円
営業時間:12:00~18:00
※最終受付17:30
※冬期は洗場の利用ができない。
休館日:年末年始(11月上旬~4月下旬)
場所
【住所】:長野県北安曇郡白馬村 大字北城八方9346−1
【電話】:0261-72-3745
Googleマップで場所を確認