『ショコラマダガスカル』のフルーティなローストカカオはいかが?

『ショコラマダガスカル』のフルーティなローストカカオはいかが?

「ビーントゥバー」という言葉を最近よく耳にする。
カカオからチョコレートバーになるまでを一貫して行うことだ。

カカオの皮を取り除いたものが「カカオニブ」、カカオニブをすりつぶしものが「カカオマス」。
そんな用語もよく聞くようになったよね。

カカオそのものも流通するようになって、それを一般的にも食べられるようになってうれしい限り。

本日はバレンタインデーのプレゼントをいただいた。
ショコラマダガスカルさんのローストカカオ。

ショコラマダガスカル ローストホールカカオビーンズ ハスク(皮)付

小さい袋だけどズッシリとカカオが入っている。

ショコラマダガスカル ローストホールカカオビーンズ

マダガスカル産、無農薬の上質カカオ。
カリッと香ばしく、フルーティな香りが口の中に広がる。

ローストするのって難しいと思うのだけど、こんな言い方プロの方に失礼だけど、とても上手くローストされているなと感じた。

カカオをそのまま食べると高級感に浸れる。

このまま食べても十分おいしいけど、スイーツや肉料理などの具材やトッピングなどに使用できそうだ。

いろいろ試してみよう。

▼バレンタインデーのチョコレートをまとめいるのでよろしければご参考に。







コメントする

*
*
* (公開されません)