高松市林町「畔屋(あぜや)」の詰込みわっぱ弁当

休みの昼ご飯は基本的にスパイスカレー、餃子、チャーハンをつくっている。

スパイスが欲しかったら高松三越さんの地下食品売り場、または高松市中新町「API SPICE」さんを頼るといいよ(^^♪

さて、夏バテをして昼食をつくる元気がなかったので、以前から気になっていた畔屋さんのわっぱ弁当を買ってこよう。

畔屋

林小学校の南側にある。

畔屋店内

わっぱ弁当あった(^^♪

玄米だと1,200円、白米だと1,100円だと教えて下さった。

もちろん玄米。

ジャガイモのポタージュ250円(温・冷)もつけてもらった(^^♪

畔屋詰込みわっぱ弁当

内容は定期的に変更されるんだって。

畔屋詰込みわっぱ弁当内容

ブリの照り焼き、にし貝、漬物、すべてにおいて完璧なおかず。
少し高いかもしれないけど細かいところまで一切の妥協がないお弁当。

精神的にも満足できるお弁当だ。

定期的にいただきましょ(^^♪