1日中過ごしたい「国営明石海峡公園」の春

1日中過ごしたい「国営明石海峡公園」の春

以下は2019年の記事内容であり、「奇跡の星の植物館」は2021年より「あわじグリーン館」と名称変更しているのでご注意を。

国営公園とは名前の通り、国が運営している公園。
日本国内には2019年現在17箇所ある。
入園料は大人450円と広大な公園にしてお得な料金設定。

年間パスポートは4,500円で、17のうち12の公園で使用可能。
それぞれの公園では駐車料金や近隣施設とのセット券などがある。
17のうち年間パスポートが利用できる12の公園というのは法律によるものかな?
詳しく書かれていないので不明。
(今後の調査対象)

さて、国営明石海峡公園に行くよ。

わが香川県にも「国営讃岐まんのう公園」があるから分かるけど、とにかく広い!

淡路夢舞台「奇跡の星の植物館」のセット券850円を購入したよ。
奇跡の星の植物館の入館料は600円なので、200円お得。

奇跡の星の植物館に行くために、淡路夢舞台から一番遠い駐車場「淡路口駐車場」に自動車をとめ、明石海峡公園を散策した。
※淡路夢舞台の地下駐車場に自動車をとめて、「奇跡の星の植物館」を楽しんだ後、国営明石海峡公園をそのまま散策するというプランもおすすめ。

▼ヤグルマギク
ヤグルマギク

園内に入るととにかく花だらけ。
めちゃくちゃうれしい。

国営明石海峡公園の花

アルストロメリア1

アルストロメリアの背景は・・・

アルストロメリア

ラムズイヤーさん。
花を始めて見た(^^♪

ラムズイヤー

▼ジギタリス
明石海峡公園のジギタリス

これはなかなか奇跡の星の植物館に行けそうにないね(笑)

▼ハクチョウゲ
ハクチョウゲ

公園内に有料のバラ園もあるのだけど、入らなくてもバラがいっぱい。

バラ

バラ2

▼シャクヤク
シャクヤク

▼チェリーセージ
チェリーセージ

これは奇跡の星の植物館まで遠いぜ。

明石海峡公園の東屋

※実際の距離はそんなに遠くない・・・

スモークツリー

葉っぱの色が違うスモークツリー2種類。

スモークツリー2

並んで咲いていて、葉っぱの色違いを比較して見ることができて面白かった。

奇麗に咲いているシャリンバイを初めて見た。

シャリンバイ

▼空のテラス
明石海峡公園空のテラス

空のテラスの水が湧き出る石

水が流れていて涼しげでいいポイント。

空のテラスの水のオブジェ

空のテラスというだけあって眺め良し。

空のテラスからの眺め

ポプラの丘に行くとポピーが咲いているらしいので行ってみる。

薄いピンクのヤグルマギクを初めて見た。

薄ピンクのヤグルマギク

ヤグルマギクだらけ~

ヤグルマギク群生

ここがポプラの丘。

ポプラの丘

ピンクのヤグルマギク

ヤグルマギク群生の向こう側にポピーが咲いている。

ヤグルマギクの群生2

ネモフィラはピークを過ぎているね。

ネモフィラ

花さじきで見たビタミンカラーのポピーとは異なり、赤、白、ピンクのポピー群生。

ポピー

このカラーリングもいいね。

明石海峡公園のポピー

▼ナデシコさんのお仲間、アグロステンマ(麦仙翁:むぎせんのう)
アグロステンマ

▼同じくナデシコさんの仲間、サポナリア「ピンクビューティ」
サポナリア「ピンクビューティ」

か、かわいい・・・

▼本家ナデシコさん
ナデシコ

▼カンパニュラ「涼姫」
カンパニュラ「涼姫」

▼グレビレア
グレビレア

▼ヘリオトロープ
ヘリオトロープ

▼アーティチョーク
アーティチョーク

▼オルレア
オルレア

▼マーガレット
マーガレット

もっといっぱい撮ったんだけど、明石海峡公園の花レポート、ここまでにしておくよ。
花だらけで癒された~

▼淡路島藻塩レモンスカッシュ
淡路島藻塩レモンスカッシュ

これはすごくおいしい。

ここを散策するには1日では足りないね。
「2日間通し券」の設定があるのがよく分かる。
お弁当を持って、朝から夕方まで1日中楽しみたい公園だ。

次回はここメインでゆっくり訪れてみたい。

「東浦口」から出て、淡路夢舞台に到着。

公式サイト淡路島 国営明石海峡公園 | 海をのぞむ花とみどりいっぱいの公園へ
営業時間:9:30~17:00
定休日:なし
場所
【住所】:兵庫県淡路市夢舞台8−10
【電話】:0799-72-2000
Googleマップ