絹島温泉「ベッセル大内(おおち)」の「白泡美人の湯」

びんび家から高松への帰り道、東かがわ市のベッセル大内(おおち)に立ち寄った。
「大内町」は「おおちちょう」と読むんだよ。

ちなみにお隣の「白鳥町」の読み方は「しらとりちょう」ではなく「しろとりちょう」と読むのでご参考に。

日帰り入浴、宿泊施設、ログハウス、お食事処など瀬戸内海を見ながらくつろぐことができる。
イベントホールもあり、講演会や発表会などにも利用可能。

ここのお風呂はいろいろなタイプのお風呂があるんだけど、「白泡美人の湯」という超微細気泡で白く濁った浴槽が気に入っている。
気泡が毛穴まで入り込み汚れを落とすので美人になれるそうだ。

泉質は、カルシウム・ナトリウム-塩化物泉(中性等張性冷鉱泉)とのことで神経痛・筋肉痛・動脈硬化・高血圧・婦人病に効果的。

▼露天風呂
ベッセル大内の露天風呂

写真は夜なんだけど、夕暮れ時の露天風呂からの眺めは瀬戸内海を一望できてとても良い眺め。

公式サイト絹島温泉ベッセルおおちの湯
温泉料金
【大人(中学生以上)】630円
【小人(3歳以上)】320円
【高齢者(70歳以上)】480円
【障がい者(手帳所持者)】480円
■11枚つづり回数券
【一般】6,300円
【高齢者障がい者(手帳所持者)】4,800円
マップ