鳴門の渦潮「渦の道」で渦上散歩

徳島県から兵庫県「淡路島」に行くには大鳴門橋を通る。

大鳴門橋の下には瀬戸大橋のように鉄道は走っていないんだけど、遊歩道があるのをご存じだろうか。
その遊歩道、鳴門の渦潮を観測できる「渦の道」に立ち寄った。

鳴門北インターチェンジで降りる。
鳴門公園を目指し、そこの駐車場にとめる。
駐車料金は410円。

鳴門の渦潮をよく観測できるのは、満潮と干潮。
公式サイトでも時刻を調べることができる。

3~9月は最終17:30、10月から2月は最終16:30までの入場なので注意されたし。
入場料大人500円。

ブルーの部分が大鳴門橋で、緑色が遊歩道を示している。
渦の道の長さは約450メートル。
海面からの高さは45メートルとなっている。

さて、長い道のり。

最終の16:30ぎりぎりに入ったら人が少なくて、それがまた怖い・・・

上は高速で車が走っており騒音と衝撃が結構ある。
さらに風が強いと横揺れしているのが分かる。

さらにさらに。

通路横のネットは風通しがよろしくなっている。
渦潮の音が大きくゴーゴーとリアル・・・

しかもこんな所も通らせてもらえる。
(床部分は強化ガラス)

展望台に着くと4枚のガラス。
あの中心に立つには勇気が必要。

遊覧船が渦潮の周りを進んでる。
大丈夫なのだろうか・・・

渦潮を撮影しようと必死になっていたら、いつの間にか周りには人がいなくなってる・・・

帰ろう。

とにかく高所恐怖症の方は向かない場所だ。
加えて騒音、振動、揺れがダメな人も・・・

恐い場所が好きな方、彼女にすり寄られたい方はお勧めだ。
私は彼女にすり寄ってしまいそう(笑)

ちょっと大げさに書いてしまったけど、一度はお立ち寄りを(^^♪

公式サイト渦の道 – 大鳴門橋45mより見下ろす迫力の渦潮
営業時間
【夏季(3~9月)】9:00~18:00
【冬季(10月~2月)】9:00~17:00
※入場は最終30分前まで
定休日:なし
料金
【大人】510円
【中高生】410円
【小学生260円】
※20名以上の団体割引、遠足修学旅行割引あり
場所
【住所】:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65
【電話】:088-683-6262
Googleマップで場所を確認