「ツインパルながお」は桜の博物館!桜シーズンが終わってもまだ花見は終わらない。

ソメイヨシノが散った後に咲く桜

香川県さぬき市にある亀鶴公園に行くと、もうソメイヨシノさんは散っていた。

2021年は例年よりソメイヨシノさん早く咲き、パッと散った。

花見を逃してしまった方も必見、亀鶴公園のお隣のアミューズメント施設「ツインパルながお」にはまだいろんな桜が咲いているんだよ。

四国で桜、花見といえばソメイヨシノさんのことをになるんだろうけど、桜はいっぱい種類があって、ソメイヨシノさんが散ってもまだ咲く桜がある。

ツインパルながおさんはいろんな桜を植えていて、まさに桜の博物館。
(屋外なので博物館という表現は適切ではないかもしれないけど・・・)

さてもちろんカワツザクラやジュウガツザクラ、ソメイヨシノさんもあり、散ってしまっている桜もあるので、ソメイヨシノさんが散った後にも咲いている桜をご紹介しよう。

黄色の桜「鬱金桜(ウコンザクラ)」

清酒「黄桜」のネーミングの基になった黄色の桜、ウコンザクラさん。

珍しいね。

得した気分になる。

たわわに咲くから存在感がある。

黄緑色の桜「御衣黄(ギョイコウ)」

黄緑、萌黄色(もえぎいろ)のギョイコウさん。

ギョイコウさんはよく見ないとスルーしてしまいそう。

ショウゲツ(松月)

八重桜のひとつ。

ソメイヨシノさんが散っても元気に咲いているね。

ヤエザクラカンザン(八重桜関山)

同じく八重桜のカンザン(関山)さん。

よく見かける。

フクロクジュ(福禄寿)

八重桜のフクロクジュ(福禄寿)さん。

ネーミングは七福神の福禄寿さん。

咲き方がゴージャスなので福禄寿さんのイメージなのかな。

香り漂う「スルガダイニオイ(駿河台匂)」

一番のお気に入り、スルガダイニオイさん。

名前の通り、香りが特徴で、近づくと甘い香り。

花弁の質感も艶消しシルキーで、とてもいい。

香りと容姿に癒され、何枚も撮った。

シロタエ(白妙)

終わりかけで残念だけど、まだ鑑賞できる。

白妙とは美しく白い色のこと。

いい時に撮影できなくてごめんよ。

フゲンゾウ(普賢象)

名前の由来は普賢菩薩が乗る白い象。

独特の白。

星を発見。

名前がイマジネーションを刺激する。

とにかく他の桜と色が違うことが目を引くよ。

ベニユタカ(紅豊)

ベニユタカさんももっと派手に咲く。
早く見に来ないとね。

▼去年の写真(2020年4月11日)

ソメイヨシノの花見シーズン終了後、同じく散っている桜

去年はソメイヨシノさんはこの時期にも咲いていた。
今年はソメイヨシノさんが完全に散っている状態。

ソメイヨシノさんが散った時には見られないという桜たち。

ゴテンバザクラ(御殿場桜)

▼去年の写真(2020年4月11日)

去年は今頃ソメイヨシノさんが終わりかけで、同じような咲き方をしていた。

コケシミズ(苔清水)

▼去年の写真(2020年4月11日)

コケシミズさんもソメイヨシノさんと同時期に咲くんだね。

シバヤマ(芝山)

花がまったくなかった。

この時期に咲くと思うんだけど、とにかく今年は暖かかったり寒かったりを繰り返したからね。

ハチスカザクラ(蜂須賀桜)

ハチスカザクラさんは2月中旬から3月にかけて咲く。

クシマザクラ(玖島桜)

▼去年(2020年4月11日)の写真

ソメイヨシノさんより少しだけ長生き。

ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)

もう少し早ければ鑑賞できたね。

チハラサクラ(千原桜)

もう散ってるけど頑張ってくれてる。

まとめ

親切に石板の表示があって博物館のようだ。

ソメイヨシノさんやジュウガツザクラさんももちろんあるので、かなり長く桜を鑑賞することができるスポットだよ。

花見ができなかったお忙しいサラリーマンの味方だね(^^♪

今年の秋から来年の春まで、すべての桜を鑑賞したい。

公式サイトツインパルながお|株式会社さぬき市SA公社
営業時間:10:00~21:30
※入場は無料だけど、門が閉まるのでご注意を。
定休日:水曜日
場所
【住所】:香川県さぬき市長尾名1494−1
【電話】:0879-52-1126
Googleマップで場所を確認