「ZEISS Loxia 2/50」単焦点50mmレンズを使いこなしたい。

私がメインで使用しているレンズは「ZEISS Batis 2/25」、「ZEISS Loxia 2/50」。

私の中で、25mmでは広すぎ、50mmでは狭すぎる問題が発生している。

また、25mm単焦点レンズを使ったグルメ写真では、大きく撮ろうと思うと近すぎてレンズが曇る。
50mmは席を立たないと、食べ物をうまくおさめられない。

35mmレンズが欲しい、と思い始めたのである・・・

しかしここで35mmを買ってしまうと、25mmも50mmも出番が減ってしまうことが予想される。
今まで頑張ってくれたBatisとLoxiaに失礼だ。

本日は初心にかえって50mm単焦点レンズを使ってみよう。

店の前の猫

以前、50mmレンズを使うには被写体に踏み込む勇気を持つことだと考えていた。
シャッターを押そうと思った時に一歩下がるということも必要だ。

高松夜景スナップ

寄るのか、今か、下がるのか。

縦撮りか横撮りか。

高松夜景スナップ2

段々、35mmはやっぱり必要ないかなと思い始める。

難しいからこそ、50mmの楽しさを感じる。

高松夜景スナップ3

「ZEISS Loxia 2/35」という35mm単焦点レンズの作例を見ると、気に入った写真が多い。

コシナさんのフォクトレンダー35mmf1.4もかなりいいね。

高松夜景スナップ4

今日はかなり気合を入れて撮っているから、捨てる写真がない。

高松夜景スナップ5

高松市は11月になるとクリスマスツリーが出現する。

高松夜景スナップ6

▼プロテア
高松夜景スナップ7

1輪3,000円は下らないプロテアさん。
開花に5年を要するもんね。

高松夜景スナップ8

高松市は年中花がいっぱいなんだけど、2021年は花が少なくて苦労した。

新型コロナウイルスの影響だと思われる。

高松夜景スナップ9

高松夜景スナップ10

暗闇でも、香りでキンモクセイを発見することができる。

高松夜景スナップ1

高松夜景スナップ12

35mmで撮れば、簡単にいい写真が撮れるのかもしれない。
でも、難しい方がいいって思う。

高松夜景スナップ13

いや、そう思い込まないとレンズ沼に落ちてしまう(笑)

今持っているもので、いいものを残そう、そう考えることが大事だと。

高松夜景スナップ14

▼ピンクッションの造花かと思いきや、近づくと生花だった。

高松夜景スナップ15

▼俯瞰撮影も面白いよね。

高松夜景スナップ16

夜は影と光と花を求めている。

高松夜景スナップ17

高松夜景スナップ18

▼チョウセンアサガオさん、滅多に出会えないね。

高松夜景スナップ19

これだから夜の徘徊はやめられない。

高松夜景スナップ20

高松夜景スナップ21

高松夜景スナップ22

▼ガウラ(ハクチョウソウ)かと思ったんだけど、咲き方が違うので調べた。
クラリンドウという花。

高松夜景スナップ23

高松夜景スナップ24

高松夜景スナップ25

▼曇天に映えるルドベキア。

高松夜景スナップ26

▼またしても真っ暗闇で香るキンモクセイ。

高松夜景スナップ27

ふ~35mmを使えば解決するんだろうけど、そこをあえて50mmで撮っていくよ。

制限がある方が、多分面白い。

▼本日の使用レンズ