日本100名城「岡山城」は『川面に映える漆黒の城』

日本100名城「岡山城」は『川面に映える漆黒の城』

岡山城、後楽園は岡山駅から大通り一本道を徒歩約25分で行くことができる。
日本三名園「後楽園」の次に岡山城へ向かう。
岡山城は戦国時代、宇喜多氏が本拠とし、小早川氏、池田氏が整備を進めた城で、日本100名城の一つ。

後楽園から岡山城に行くには、後楽園南門から出て月見橋を渡る。

月見橋からの岡山城

公式サイトでは『川面に映える漆黒の城』とあるけど、なるほどだね。

岡山城は別名烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)と呼ばれている。
烏はカラス。
諸説あるようだけど、世界遺産「姫路城」が「白鷺城」とも呼ばれるのは、この漆黒の岡山城との対比から生まれたそうだ。

月見橋からの岡山城2

この川は旭川という。

▼不明門(あかずのもん)
岡山城不明門

ずっと閉じていたから不明門(あかずのもん)と呼ばれている。
ここから入るとすぐに天守閣が見える。

岡山城

漆黒に金色の鯱(シャチホコ)のコントラストが非常に良いね。

岡山城を見上げる

修復後すぐなのか非常にきれい。

後楽園とのセット料金で580円で入園。
安くなるのもさることながら、入城もスムーズ。

夜はライトアップが施される。
ライトに映った岡山城。

ライトに映った岡山城

城内は6階建て。
クーラーが強めにきいていて非常に快適。
エレベータで4階まで行き、6階まで階段で上る。

エレベータ横のシャチホコ

岡山城のシャチホコ

岡山城天守閣のシャチホコ

とにかくシャチホコが美しい。

▼城主の間
岡山城城主の間

衣装を着て写真撮影可能。

岡山城城主の間の衣装

確認できなかったけど、お殿様バージョンもある。

岡山城展示

▲これは試着できない。

岡山城家紋

▼パンフレットに掲載されている宇喜多家、小早川家、池田家の家紋
岡山城家紋

「兒」は「児」の旧字体。

岡山城の外堀を歩くと白鳥が2羽いた。

岡山城の白鳥

そのうちの1羽が、どうやら右足を怪我しているようで、左足だけで泳いでいる。

岡山城ケガをしている白鳥

「ケガしているのかい?エサ取れるのかい?大丈夫?」と声をかけると、近寄ってきて不自由な右足を必死にバタバタ動かした。

「少しくらいは動くのだけど泳ぎには使えないんですよ」とのアピールだった。

優しい眼でこちらを見つめている。

今後の白鳥さんに幸多きことを祈って岡山城を後にした。

公式サイト岡山城
観覧時間 :9:30~17:30
※入館は17:00まで
休館日 : 12月29・30・31日
入場料:大人320円・小中学生130円
※後楽園とのセット割引などがあるので後楽園の利用案内で確認をお勧めする。
場所
【住所】:岡山県岡山市北区丸の内2丁目3−1
【電話】:086-225-2096
Googleマップで場所を確認する