三木町虹の滝(こうのたき)でマイナスイオンを浴びよう!塩江温泉も近いよ。

三木町虹の滝(こうのたき)でマイナスイオンを浴びよう!塩江温泉も近いよ。

香川県木田郡三木町にある滝、「虹の滝(こうのたき)」でマイナスイオンをいっぱい浴びてきた。
昨日は豪雨で滝の水量は多かった。

ちょっと寄り道、イングリッシュガーデン「レールサクレ」

途中レールサクレさんに寄ってみた。

美しい庭を見ながら食事ができるスポット。

レールサクレのバラ

昔々、サクレさんの薪の暖炉を見ながらランチを食べたことがある。

人生初の鹿の肉を食べた記憶が蘇る。

レールサクレのガーデニング

今日はモーニングをやっていなかった。

次回ランチを食べに来よう。

以前は時間外でも見学できたんだけど、「飲食以外の見学はお断り」と張り紙があった。

以前は可能だったイングリッシュガーデンの朝散歩はできず。

公式サイトイングリッシュガーデン レールサクレ
場所
【住所】:香川県木田郡三木町大字氷上5308
【電話】:087-864-4568
Googleマップで場所を確認する

いざ虹の滝

虹の滝を目指そう。

ん?

小蓑の野犬

どいてくれ~野犬多し。

虹の滝キャンプ場に到着。

アザミがいっぱい咲いていた。

虹の滝のアザミ

カエデは若々しく。

虹の滝キャンプ場

雨上がりでマイナスイオンがいっぱい。

虹の滝キャンプ場のマイナスイオン

散歩に最適コース。

虹の滝キャンプ場の散歩道

▼雨に濡れたエゴノキの花
虹の滝キャンプ場のエゴノキ

虹の滝リフレクション

虹の滝は雌滝と雄滝の2つがあるんだけど今日は雌滝を目指す。

雌滝に到着。

虹の滝

マイナスイオンをいっぱい感じる。

虹の滝2

雄滝はちょっとだけ離れているんだけど、存在を忘れていたよ(汗)
ごめんね雄滝さん、また来るよ。

▼2020年6月に行ってきたよ。

暑い時は避暑に最高の場所だ。

公式サイト虹の滝
場所
【住所】:香川県木田郡三木町大字小蓑 虹の滝
【電話】:087-891-3308
Googleマップで場所を確認する

さぬき温泉(塩江温泉)

ここからすぐ近くに塩江温泉があるので行ってみる。
いつもよく行く「さぬき温泉」にしよう。

しかし三木町から虹の滝を通って塩江温泉に行くことができるという情報は、多くの香川県の方も知らないだろう。
また、高松市中心部から塩江温泉を通過すると徳島県なんだけど、一瞬だけ三木町になるんだよ。
地元香川県民でもこれってなかなか知らない情報だよね?
(自分だけ優越感に浸っているんだけど私だけ?)

さぬき温泉の露天風呂が気に入っている。

さぬき温泉露天風呂

男風呂には離れた場所にもう一つ露天風呂があるんだけど、女風呂に露天風呂は一つしかない。

さぬき温泉露天風呂2

以前もスマホで撮影したんだけどまったく同じ写真(笑)

マイナスイオンを浴びて、露天風呂。
朝から健康的~

この後某ジェラート屋さんに立ち寄ったんだけど「撮影禁止です!」と言われテンションダウン。
確かにジェラートとシュークリームは相当おいしかったんだけど・・・
このご時世になぜに撮影禁止!?

お客さんのプライバシーを守るための措置なら理解できる。
そういえば香川県の有名グルメブロガーさんも怒っていたな。

公式サイトさぬき温泉
場所
【住所】:香川県高松市塩江町安原上東2065−1
【電話】:087-893-0300
Googleマップで場所を確認する

まとめ

虹の滝は木田郡三木町にある。

現在「木田郡」とは「三木町」だけなんだよ。

塩江郡塩江町は高松市に合併され高松市塩江町となった。
また、香川郡だった香川町も高松市に合併された。
(香川郡って徳島県に近い郡だった。現在は高松市よりも岡山県に近い直島がなぜ香川郡?)

何が言いたいかというと、高松市近隣の地域(いや近隣でなくとも)が合併する中、木田郡三木町は高松市に合併されず独自に存在することができる唯一無二の存在。

それ以外説明不要の超絶観光スポットなのだよ。

▼香川県の観光スポットまとめ