一面の朱色世界!太古の森メタセコイアの紅葉2020

メタセコイアは木田郡三木町のシンボル。

1939年、三木町の植物学者「三木茂」さんがメタセコイアの化石を発見した。

メタセコイアは絶滅していたと思われていたんだけど、1946年、中国で三木論文による現存するメタセコイアが発見された。

そして1950年に日本各地に配布されたわけだ。

三木町にある「太古の森」では、メタセコイア並木を見ることができるよ。
紅葉すると圧巻の景色。

三木町総合運動公園の駐車場に自動車をとめ、徒歩5分。

▼山大寺池に浮かぶ桟橋を渡ると太古の森。

▼桟橋から見る嶽山

恐竜のディメトロドンさんがお出迎え。

結構リアルで怖い・・・

メタセコイアの紅葉が美しい。

風が吹くと葉っぱのざわめき。

音と色に癒される。

葉っぱが雪のように降り注ぐ。

ここでしか味わえない演出だ。

紅葉のピークは過ぎていると思うけど、まだまだ楽しめそうだね。

毎年見ごろを逃している(笑)

シダーローズ(ヒマラヤ杉の松ぼっくり)を発見。

ほんとにバラみたい。

紅葉のピークに見に来たいけど、落ち葉の絨毯も美しいからいつでもいいかもね。

ここは三木町のパワースポットだなと思う。

近くには広野牧場のジェラートMUCCA、ピザVACCAさんがあるのでそちらにもお立ち寄りを。

場所
【住所】:香川県木田郡三木町上高岡1446
Googleマップで場所を確認