単焦点レンズぶらり散歩「マクロレンズ」で風景を撮ることができるか?

マクロレンズは被写体に寄って、拡大して撮影するためにある。
このマクロレンズで風景写真は撮影できるのだろうか。
広い公園で散歩しながら撮影をしてみよう。

レンズは単焦点マクロのPENTAX-DA35mmF2.8 Macro Limited、カメラはPENTAX K-5ⅡS。
35mmレンズはAPS-Cでは35mm換算約50mmとなり、人間の視野程度となる。
このレンズは気にっているので、付けっぱなしにできないかと考えた。

今回は香川県高松市にある公渕森林公園に行ってみた。

遠景

池に映り込んだ空。
絞り(f値)は8.0。

池と空の映り込み遠景

風景を撮って、自分が気になる被写体に眼を向けた時、マクロレンズは遠景からクローズアップまで、柔軟にこなせるね。

池と空の映り込み

池の底に沈んだ葉っぱが気になった。

ハート型睡蓮の葉

ハート型睡蓮の葉っぱ♡何か泥が降り積もってお困りの様子・・・大丈夫か・・・あれで光合成できるのかな?

睡蓮の心配より自分の心配しろ、ここは靴がめり込む沼地だ。
トレッキングシューズで来るべきだったと反省。

落ち葉

落ち葉じゅうたん斜め撮り。
ピント部分に寄るのではなく、引きで撮った。

メタセコイヤと池

メタセコイアの落ち葉と、メタセコイア映り込み。

▼ガマ
ガマ

寄ったり引いたりすることがレンズ交換なしにできていいね。

▼メタセコイヤの葉っぱ
メタセコイア

▼スギゴケ
スギゴケ

▼栴檀草(センダングサ)
栴檀草

風景、被写体を引きで、被写体を接写、という3つの使い方をレンズ交換なく使うことができた。

今回の結果から

マクロレンズは風景をシャープに撮影することもできる。
被写体を少し引きで撮っても味のある写真になるし、風景から接写まで、オールラウンドなレンズだ。
今後もPENTAX-DA35mmF2.8 Macro Limitedをいろんな場面で使用していきたい。