詰田川のラブホテル街でスナップ写真【ZEISS Loxia 2/50】

詰田川のラブホテル街でスナップ写真【ZEISS Loxia 2/50】

高松市木太町を流れる川、詰田川のラブホテル街の夜景が美しい。

川の水面にくっきり写るリフレクションもいいんだけど、今日は風が吹いていい感じに光っていたよ。

詰田川ラブホテル街

本日の使用レンズは「ZEISS Loxia 2/50」。

スナップ写真とは三脚を使用せず、手持ちで撮ることだと思うんだけど、本日は置いてレンズキャップで角度を調整している。

言い訳だけど、三脚は使用していないよ。

すべてISO100、f8.0、シャッタースピードは15~20秒程度。

詰田川ラブホテル街2

先日の城東町ソープランド街と同じく妖艶。

「性」のある風景は美しいのだ。

詰田川ラブホテル街3

愛のカタチはいろいろある。

あ、話は変わるんだけど、不思議なカップルに出会ったんだよね。

昨日、ある場所で彼氏が彼女の写真を撮っていたわけ。

詰田川ラブホテル街4

彼女:「ね~撮れた?」

彼氏:「うまく撮れないよ~」

私:「撮ってあげましょうか?」
(私は二人を撮るつもりで声をかけた)

彼氏:「是非!お願いします!」

・・・彼氏は私にカメラを渡したんだけど、私の横で彼女を眺めている・・・

ん?

私:「彼女の横にどうぞ。」

彼氏:「あ、僕はいいです。写真は撮るのも撮られるのも苦手なんで・・・」

私:「あ~理解しました。出しゃばってすみません。カメラ、お返しいたします。」

彼氏:「あ、いやいや、撮ってもらっていいですか?」

彼女はもうVサインをしている・・・

約10枚ほど撮ってカメラを彼に返す。

詰田川ラブホテル街5

ん~自分の彼女が、自分の目の前で他の男に写真を撮られてるってどうなんだろ?

私は絶対嫌なんだけど。

詰田川ラブホテル街6

彼氏彼女の関係じゃないのかな?

いや、手をつないで歩いていた。

もしかして、SNS用の写真を彼氏に撮ってもらおうとしていたのかもね。

詰田川ラブホテル街7

でも、考えようによってはお互い寛容な愛のカタチだったのかもしれない。

「寛容」なのではなく、彼らにはそれが普通なのかもしれない。

そうと思うと、学ぶところはあるかな。

最初は笑い話だと思っていたんだけど、こんな姿勢が私にも必要なのではないかと思い始めるのであった。

でもやっぱり、「私が他の男に撮られているのを見て何とも思わないの?」って言うくらいの彼女の方がかわいいかな(^^♪