びんび家(鳴門市)の営業時間・アクセス・おすすめメニュー

徳島県鳴門市にある活き魚料理「びんび家」さんに行ってきた。
営業時間とアクセス、おすすめメニューを紹介する。

営業時間・アクセス

■営業時間
9:00~21:00(ラストオーダー20時30分)
■定休日
なし

おすすめメニュー

おすすめはハマチの刺身定食1,000円。

今回はご飯をタコ釜飯にしようと考えたが、それならタコ釜飯単品、ハマチの刺身単品で合計が1,500円になりお得だと店員さんに教えていただいた。
ワカメのみそ汁はタコ釜飯についてくるので。

▼急須、じゃないけど、びんび家ではこれが急須。

びんに家の急須

フィルターもないところにお茶の葉が入っており、湯呑にそのまま注ぐと葉っぱがいっぱい入ってくる。

びんび家のお茶

これが何とも豪快な気分にさせられ気に入っている。

びんび家のハマチの刺身

分厚く歯応えのあるハマチの刺身。
ワカメが添えられている。
鳴門のワカメもほんとに美味しい。

びんび家のタコ飯

アツアツのタコ釜飯。

釜飯よりも、このハマチの刺身定食に「創作一品」、「天ぷら」がつく「おまかせ定食」2,000円もある。
個人的に天ぷらはおすすめしない。
ハマチを食べずに天ぷら定食を注文している方もいらっしゃるが、「ハマチの刺身定食にしたほうがいいですよ」と言ってあげたいくらいハマチが絶対におすすめ!

▼実は主役のワカメの味噌汁
びんび家の味噌汁

おそらく鯛などの魚が出汁となっているのだろう、すごくコクがある。
ワカメが分厚く歯ごたえがあって、九州や北海道の客人を連れて行けば本当にビックリする美味しさ。

いつも他のメニューに浮気しそうになりつつも、ハマチの刺身定食しか頼まない状況。

「びんび家」関連過去記事

管理人は幼い頃より通っていてほとんどのメニューは食べているのだが、最終的にハマチの刺身定食しか食べないのだ。

「時価」と書いてあるその時にしか食べられない特別なメニューもある。
それらはお高いが財布と相談して食べたりはするのだが。

最後に

びんび家のメニュー
いろいろメニューに目移りはされるかとは思うが、必ずハマチを食べられますよう。
管理人は、いつかお金に糸目を付けずに頼みたいものを片っ端から頼んで海賊のように食べてみたい。