PENTAX Qシリーズのマクロ撮影

 

PENTAXから発売されているQシリーズはセンサーサイズ1/1.7型(Q、Q10は1/2.3)で、センサーサイズの小ささを活かしたミラーレス一眼カメラだ。
風景やスナップでボケが必要ない時、一眼レフのように大きいカメラで撮影することが難しい時、手軽に綺麗な写真を撮ることができる。
また倍率も高く撮影できるというメリットもあり、野鳥などの望遠撮影にも適している。

2012年3月にQが発売され、Q10、Q7、Q-S1と4回の進化を遂げているが、2018年現在、マクロレンズはまだ発表されていない。

PENTAX Qシリーズでマクロ撮影をするためには、いろいろと工夫する必要がある。

4つの方法について説明したい。

①Kマウントアダプターを使って、マクロレンズを使う。

Q7にDA35

これは過去に記事を書いたので、それを参考にしていただきたい。

写真はDA35mmマクロレンズだが、Qシリーズで使用すると約5.5倍の画角になるので使い勝手が悪い場合も出てくる。

約200mmの望遠レンズになってしまうし、手ぶれが激しい。
三脚を使用することになると思うが、Qシリーズのキャラクターに合わない。

②クローズアップレンズを使う。

クローズアップレンズ

クローズアップレンズは上の写真のようにレンズに付けて使用する。
※上の画像はkenkoさんの40.5mmなのだが、ラインナップがなくなっているので以下marumiさんをおすすめしておく。

※PENTAX 01 Standard Primeのフィルターは40.5mm。

レンズに虫眼鏡を付けて拡大する、というと分かりやすいかな。
1,000円くらいで、手軽にマクロ撮影が可能となる・・・と、言いたかったのだが以下の実験を見ていただきたい。

▼クローズアップレンズなしのPENTAX 01 Standard Prime
クローズアップレンズなし

キーボードの「U-な」を中心に撮影した。

▼次はクローズアップレンズを使用してみた
クローズアップレンズ

同じく「U-な」を中心に撮影したが、ほとんど変わらない。左下の「ひ」が消えた。

あまり意味はなかったのだなと思いつつ、少しだけ被写体に寄れるようになった分、ボケ具合が少しだけ深くなるという副産物はあると実感してはいる。

それと最近知ったが、PENTAX QシリーズはAF(オートフォーカス)より、MF(マニュアルフォーカス)にするとまた少し被写体に寄れるらしい。

クローズアップレンズ+MFで撮影してみた。

クローズアップレンズ+MF

・・・ほんとに少しだ・・・

クローズアップレンズ+MFも知っておいて損はないだろう・・・

③ステップアップリングを使用してより倍率の高いクローズアップレンズを使用する

②で使用したのは、Kenko カメラ用フィルター MC クローズアップレンズ No.3で、PENTAX 01 Standard Primeのフィルターは40.5mmに使用できる最大の倍率となる製品だ。
kenkoさんのクローズアップレンズはNo.1からNo.10まであり、No.10が一番寄ることができる。
No.10はフィルター径40.5mmの製品がないので、ステップアップリングを使用するとNo.10を使用できるようになる。
ステップアップリングとはこれ。

要するにPENTAX 01 Standard Primeのフィルター径を40.5mmから49mmに変更してkenkoさんのNo.10を使用するということ。

そして、No.10。
フィルター径49mmの製品がある。

私は最終的にこの方法で使用しており、作例をと思ったが今回手元にQシリーズのカメラが無い・・・
SONYのα7の購入資金となってしまったため・・・

④エクステンションチューブ

申し訳ないが以下はQシリーズに実際使用したわけではない話になる。
α7を使用した経験で書かせていただく。

α7でエクステンションチューブを試した。

少し高額になるが、Qシリーズのエクステンションチューブはこちら↓↓↓

まとめ

現段階でPENTAX Qシリーズのマクロ撮影は、
①マウントアダプターを使用しKマウントのマクロレンズを使用する
②クローズアップレンズ
③ステップアップリング+より倍率の高いクローズアップレンズ
④エクステンションチューブ
の4点になる。

メリット・デメリットをまとめる。

①について
画質劣化はないが倍率がアップしすぎて使い勝手が悪い。
35mmの広角レンズが約200mmの望遠レンズとなってしまうので手ぶれが激しく三脚は必須。
またオートフォーカスは使用できず、マニュアル撮影のみとなる。

②と③について
すぐ着脱ができるが画質は劣化する(かもしれない)。
メリットは非常にローコストでマクロ撮影が可能となる。

④について
画質劣化はほぼないが撮影するたびにレンズを外す作業が面倒。
筒が長くなる分、センサーに届く光量が下がる。
明るい昼間なら問題ないが、ISOを上げれば画質劣化につながる。
せっかくのコンパクトカメラなのに、大きくなってしまう。

私が思うに、手放す直前に使用していた③をおすすめしておく。
(Qシリーズのキャラクターを考慮してのこと)

しかしコスト、メリット・デメリットを考えて自分にあったものを選んでいただきたい。
私はQシリーズを手放してしまったことを後悔している。

マクロレンズもいずれは発売されると思うので、その時はQシリーズを買いなおしたい。

   
 

ラブ・アラモードAinaふろーりあんのケーキが美味しい!

チョコレート女子の気持ち~バレンタインのチョコを男が作ってみた

関連記事

  1. FE55玉ねぎボケ

    Sonnar T* FE 55mm F1.8の玉…

    SONY α7を使用し始めて10か月ほど、「Sonnar T* FE 55m…

  2. 雲のリフレクション

    EOS M2で風景撮影

    EOS M2は随分前のモデルになるが、小さくて気に入っている。お盆休み中…

  3. 夜の山茶花

    夜の花たちを撮影【α7+CONTAX G Pla…

    夜の散歩で撮影した花たちの写真がたまってきたのでここに掲載していこう。…

  4. EOS M2とEF70-200

    EOS M2を入手、アダプターでEF70-200…

    CANONのミラーレス機、EOS M2を入手した。かなり小さ…

  5. 灯り

    PENTAX Q10のミニ三脚~夜の雨天時撮影

    夕方までは晴れていたが、夜買い物に出ると雨がポツポツ。雨が降ると以前は撮…

  6. 古馬場

    SONY α7+CONTAX G Planar …

    コンパクトなミラーレス機のSONY α7に、レンズはCONTAX G Pla…

  7. PENTAX-Q10と散歩

    PENTAX Q10とミニ三脚で散歩

    太りすぎたため、近所の池を散歩しようと。最近忙しいのと、PENTAX…

  8. contax45mmf2玉ボケ

    CONTAX G Planar T*45mm F…

    sony α7+Sonnar T*FE55mm F1.8の玉ねぎボケは諦める…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 8月 12日

おすすめ記事

  1. 栗林公園の松
  2. 雲のリフレクション
  3. 葉っぱとイルミネーションの玉ボケ
  4. 五色台休暇村からの夕焼け
  5. ガラスのリフレクション
  6. 赤灯台から見た高松シンボルタワー
  7. 屋島外観

当ブログ使用機材関連

  1. コスモス接写最大
  2. EOS M2とEF70-200
  3. 夜の花
  4. 南新町交差点前
  5. シンボルタワーを見上げる
  6. 夜の山茶花
  7. JR坂出駅の夕焼け
  8. 夜の花
  9. 古馬場

最近の記事

  1. 栗林公園のメジロ6
  2. MICHEL CLUIZEL(ミシェル クルイゼル)コフレ・ショコラ・パリ実食
  3. 下鴨神社楼門
  4. 錦市場に並ぶ商品6
  5. 退蔵院元信の庭
  6. 妙心寺雲龍図
  7. 龍泉庵霊峰四季の間正面
  8. 渡月橋
  9. 天龍寺大方丈から見た曹源池
  10. ショコラマダガスカル ローストホールカカオビーンズ
PAGE TOP