単焦点レンズぶらり散歩~マクロレンズで風景撮影

 

マクロレンズは被写体に寄って、拡大して撮影するためにある。
このマクロレンズで風景写真は撮影できるのだろうか。
広い公園で散歩しながら撮影をしてみよう。

レンズは単焦点マクロのPENTAX-DA35mmF2.8 Macro Limited、カメラはPENTAX K-5ⅡS。
35mmレンズはAPS-Cでは35mm換算約50mmとなり、人間の視野程度となる。
このレンズは気にっているので、付けっぱなしにできないかと考えた。

 

今回は香川県高松市にある公渕森林公園に行ってみた。

遠景

池に映り込んだ空。
絞り(f値)は8.0。

池と空の映り込み遠景

何か映り込み撮影楽しい。

池と空の映り込み

池の底に沈んだ葉っぱから、空へのグラデーション。

ハート型睡蓮の葉

ハート型睡蓮の葉っぱ♡何か泥が降り積もってお困りの様子・・・大丈夫か・・・あれで光合成できるんかいな?

睡蓮の心配より自分の心配しろ、ここは靴がめり込む、完全に沼地だ。
トレッキングシューズで来るべきだったと反省。

落ち葉

落ち葉じゅうたん斜め撮り。
ピント部分に寄るのではなく、引きで撮った。

メタセコイヤと池

メタセコイアの落ち葉と、メタセコイア映り込み。

▼ガマ
ガマ

そしてマクロ撮影に移行。

▼メタセコイヤの葉っぱ
メタセコイア

▼スギゴケ
スギゴケ

▼栴檀草(センダングサ)
栴檀草

風景、被写体を引きで、被写体を接写、という3つの使い方をレンズ交換なく使うことができた。

今回の結果から

マクロレンズは風景をシャープに撮影することもできる。
被写体を少し引きで撮っても味のある写真になるし、風景から接写まで、オールラウンドなレンズだ。
今後もPENTAX-DA35mmF2.8 Macro Limitedをいろんな場面で使用していきたい。

   
 

セイタカアワダチソウVSススキ戦いの果て~セイタカアワダチソウVSススキ

花淡路夢舞台~百段苑

関連記事

  1. むれ源平石あかりロード6

    夏の涼みに「むれ源平石あかりロード」で夜の散歩

    暑い日々が続いている。毎年の夏、高松市牟礼町(むれちょう)で行われて…

  2. 孔雀藤

    香川県自然記念物「孔雀藤」岩田神社の藤まつり

    今年の春は寒暖の差が激しく、花が次々に例年より咲き始めが早い状況が続いている…

  3. α7とContax G Biogon28mm

    SONY α7+CONTAX G Biogon …

    大きなカメラでは撮影の機会を失うことが多い。コンパクトなSONY α7は…

  4. 水玉

    PENTAX Q7とKマウントアダプターでDA3…

    明るい時に大きなカメラを持ち歩いていると怪しい眼で見られたりすることがあるの…

  5. 鬼ヶ島洞窟

    高松港から20分!女木島~鬼ヶ島大洞窟探検

    高松港から20分で行ける島、と聞いて、女木島に行ってきた。ま…

  6. 根香寺の紫陽花2

    根香寺の紫陽花とモミジ

    紫陽花を見に行こうと、五色台を散策しようとしたところ、根香寺に行けば紫陽花が…

  7. セイタカアワダチソウVSススキ

    戦いの果て~セイタカアワダチソウVSススキ

    生き残りをかけて戦う両雄の落武者、セイタカアワダチソウとススキのツーショット…

  8. カフェタナカ

    バレンタインデーのチョコ第3弾~カフェタナカ

    いただいたバレンタインデーのチョコレート、第3弾はカフェタナカの「カフェビー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

香川県のおすすめラーメン・中華そば

大政の中華そばの麺

徳島県のおすすめラーメン・中華そば

中華そば西食のチャーシュー麺リフトアップ

香川県のおすすめかき氷

カフェ・アジールの甘酒ジンジャーミルク

おすすめ記事

  1. 栗林公園の松
  2. 屋島外観

最近の記事

  1. 仙磯アップ
  2. まんばのけんちゃん完成
  3. 坂出駅のヒマラヤスギイルミネーション
  4. 掬月亭から見る紅葉ライトアップ
  5. 来来亭のこってりラーメン
  6. ぼうけんパークの山茶花4
  7. 太古の森のメタセコイア紅葉2
  8. 群鴨池の紅葉と鴨
  9. 天台から見た鬼屏風
  10. 栗林公園の松
PAGE TOP