札幌スープカレー専門店GARAKUの「やさい15品目大地の恵」

札幌に来たからにはスープカレーを食べねばなるまい。
行列ができるお店、GARAKUさんに行くよ。

札幌スープカレー専門店 GARAKU(ガラク)

■公式サイト
■営業時間:11:30~15:00・17:00~22:30
■定休日:なし
■マップ

行列ができるとのことなので、17:00開店してすぐに行ったがスムーズに座れて注文し、サッと食べることができた。

GARAKUのメニュー

カレーのメニューを選ぶと、辛さ5段階、ライス大中小を選ぶ。

▼やさい15品目大地の恵1,080円(辛さ3、ライス普通)
GARAKUのやさい15品目大地の恵

ライスは一瞬サフランライスかと思ったが、どうやら五黒米をブレンドしているようだ。
(黒米、きび、押し麦、丸麦、とうもろこし)
レモン添えが面白い。

GARAKUのライス

辛さ3は中辛ということで、最初は辛さを感じないが徐々に身体が熱くなってくる。
辛さ5段階は一般的な辛さだと認識できたが、辛さ4が辛口、辛さ5が大辛とのことなので、ひょっとしたら辛さ5は火を噴くかもね。
お子様は辛さ1の「辛みなし」でいけるだろう。

札幌のスープカレーについて調べてみたが、1971年アジャンタというお店がスープカレーの元になった「薬膳カリィ」を提供していたことによる。

■札幌スープカレー アジャンタ総本家
※2019年4月、サイトにアクセスできなくなった。

まだやっているんだね~すごい。

そしてスープカレーという名称はマジックスパイスさんによるもの。

■スープカレーの元祖マジックスパイス

2002年、スープカレーのお店が札幌で乱立し、ブームが起こった。

元祖とかどうのこうのではなく、GARAKUさんのスープカレー、本当に美味しかったからそんなことはどうでも良いことなのである。
また違うお店で食べて、いろんなスープカレーを楽しんでいこう。

お店を出る時は大行列でビックリ!!!

納得。