玉藻公園飛雲閣特別公開「瀬戸内海の一大建造物」

玉藻公園の披雲閣(ひうんかく)が特別公開ということで行ってきた。

■公式サイト:玉藻公園披雲閣
■玉藻公園開園時間:5:30~19:00
※季節によって異なる。
■閉園日:12月29日~12月31日
■入園料:大人(16歳以上)200円・小人(6歳以上)100円
※団体割引あり

披雲閣は内部を公開していないのだが、1月1日~1月3日の9:00~16:00の期間で公開されている。

玉藻公園松ぼっくりツリー

玉藻公園では1月31日まで松ぼっくりツリーが展示されている。

玉藻公園の松

鯛願城就

玉藻公園は高松城跡で、堀には何と鯛が泳いでおり、「大願成就」にかけて「鯛願成就」というエサやり体験がある。
鯛にエサをあげると願いが叶う。

そう言えば、外観は以前レポートしたよ。

園内は山茶花、シャリンバイなどが咲いていた。

披雲閣のサザンカ

玉藻公園の白い山茶花

玉藻公園の赤い山茶花

玉藻公園のシャリンバイ

1本だけ梅も咲いていたよ。

玉藻公園の梅

普段は入れない、特別公開、というキーワードでワクワク。

披雲閣特別公開

披雲閣入口

披雲閣畳と襖

披雲閣蘇鉄の間

フェルトの床は暖かいけど、少し残念。

披雲閣蘇鉄の間の窓

見えそうで見えないソテツが趣あるね。

披雲閣蘇鉄の間から見えるソテツ

飛雲閣中庭

あ、板の廊下あったよ~

飛雲閣板の廊下

あらまやっぱりフェルト・・・

飛雲閣フェルトの廊下

フェルトの床は残念だが、内部の作りは目を見張るものがあり、大きく広い、そして美しい。

飛雲閣内部

江戸時代にもこの場所に、約2倍の規模で政務が行われる場所、藩主が生活する場所として「披雲閣」という名前の御殿がありました。現在の披雲閣は、明治維新後、老朽化を理由に取り壊された旧披雲閣を高松松平家の12代当主賴寿伯爵が大正3年に再建に着手し、3年余りの歳月をかけ大正6年(1917年)に完成したものです。当時の新聞記事には「壮麗目を奪う」「瀬戸内海の一大建造物」といった見出しが躍りました。(公式HP抜粋)

「瀬戸内海の一大建造物」、という表現はピッタリ。
さらに、

この建物は松平家の別邸として建てられましたが、その一方で、香川を訪れる賓客をもてなす迎賓館としての役割も持ちあわせていました。建築的特色としては、伝統を踏まえた意匠は近世以来の正統的書院造としていささかの破綻もなく、伝統技術と洋風技術が見事に融合された構造となっています。(公式HP抜粋)

まさしく「迎賓館」だね。

特別公開とあるが、一般人にも使用が可能なんだ。
全館を営利目的で使用した場合、私の概算であるが1日利用で50,000円くらいなのかなと。(詳細は公式HP参照のこと)

披雲閣廊下

板の廊下あるじゃん(^^♪

披雲閣屏風

寝ころびたくなるね。
大の字になって寝ころんでいる人がいたけれど・・・

披雲閣畳

披雲閣長い廊下

ここに住みたくなってきた。

披雲閣中庭2

2階へ行ってみよう。

披雲閣階段

披雲閣2階

披雲閣2階からの景色

披雲閣2階の廊下

しかしここを贅沢に全館利用するってどのように使えばいいのか、貧乏人の私には分からないよ・・・

1階に戻る。

庭を囲んでのこの廊下、北海道にある祖父母の家もこんな感じだったな。

披雲閣中庭3

レトロで哀愁を感じる披雲閣、来年も特別公開時に訪れたいね。

隙間風と、スリガラスが「バタンバタン」という音をたててノスタルジック。

披雲閣木漏れ日

さらば披雲閣。

披雲閣外観

玉藻公園の空

さらば玉藻公園!
(いつも前を通っているけど・・・)

寄せ植え葉ボタンとくしま植物園を散歩

たも屋のちゃんぽんとポテサラコロッケうどんと中華そばのちゃんぽん「たも屋本店」にて

関連記事

  1. 鳴門ウチノ海総合公園のムスカリ

    春を探しに鳴門ウチノ海総合公園に行ってきた

    タイトルは「春を探しに」だが、実はラーメン・中華そばを食べすぎたので消化する必要があった(笑)…

  2. 峰山からの夜景

    高松市の隠れたデートスポット「峰山」からの夜景

    以前香川県高松市にある、峰山展望台からの夜景を撮影した。再度マクロレンズで夜景を撮影…

  3. セイタカアワダチソウVSススキ

    戦いの果て~セイタカアワダチソウVSススキ

    生き残りをかけて戦う両雄の落武者、セイタカアワダチソウとススキのツーショット。曇り空…

  4. 慈眼堂から見た岡山城

    日本三名園「岡山後楽園」

    山の日に登山と思っていたが、以前から行きたかった岡山県の後楽園、岡山城に行ってきた。…

  5. 自宅で手打ちうどん

    讃岐人だからって、うどん作れると思うなよ。

    タイトルは以下のパクリ。さて、生粋の讃岐人ではないが、讃岐で育った人間としてはうどん…

  6. 高松祭りの花火

    高松祭りの花火

    ドンドンと大きな音がするのでベランダに出ると、高松祭りの花火だった。豪雨の中始まった。カメラ…

  7. 雨粒

    DFA50mmマクロレンズで雨粒を撮影

    天気予報が大的中。午後雨があがって近所を散歩。接写はなかなか難しい。カッ…

  8. はな苺のティラミスとレアチーズケーキ

    高松市飯田町「はな苺」さんでティラミスとレアチーズケーキ

    マクドナルドでフライポテトLサイズを3個食べたのにも関わらず、なぜかスイーツ店を検索。…

  9. ハンカチの木の花

    ハンカチの木の花

    ハンカチの木の花が落ちていた。ハンカチの木は別名「幽霊の木」。英語では「Dove t…

  10. 悩むひまわり

    下を向いた悩めるヒマワリ

    ヒマワリを発見。ん?普通ヒマワリって上に向いて咲いているのでは?悩ん…

  11. 焼きチーズ(カチョカバロ)

    藤原のイブキでカチョカバロを焼いてみた

    香川県さぬき市にある牧場、「牛おじさん」でカチョカバロというチーズを購入した。※2017年の…

  12. 根来寺の紅葉

    青峰山千手院第82番札所「根来寺」の紅葉

    根来寺の紅葉を見に行くと、まだ赤くなっていなかった。公式サイト:四国八十八ヶ所霊場会:四国八十八…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. どんどん高松花火比較明合成
  2. 鯉丹後の鉄人らーめんリフトアップ
  3. 裏きせきのぎょかい豚骨
  4. 中華そば西食のチャーシュー麺リフトアップ
  5. IKAZUMODORIイカズモドリのビューティーマルベリー
  6. 牛窓ジェラート工房コピオのジェラートのカボチャとマンゴー
  7. ホテルイルマーレからの瀬戸内海
  8. らーめんゴールデンの冷やかけゴールデンリフトアップ
  9. ホープ軒のかしわバターラーメンリフトアップ
  10. ラーメン川裕のスモークソルトラーメン

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

Instagram

PAGE TOP