フォクトレンダー「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III」で夜の花を撮影

フォクトレンダー「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III」で夜の花を撮影

花はマクロレンズなどでクローズアップした写真を撮るべきだと思っていた。
レンズ1本単焦点縛りで散歩しているんだけど、新境地開拓のため広角で花を撮る練習をしていたら思いのほか気に入った写真を撮ることができたのでアップする。

▼モッコウバラ
モッコウバラ

モッコウバラ2

▼本当はこんな風に撮りたいけど・・・(77mm単焦点)
モッコウバラ3

以前PENTAX K-5ⅡSとFA77mmを使っていて、もっと寄れたらなって思いながら撮った写真。
あれから花を引きで撮る楽しみに変化するとは思いもよらなかった・・・

▼高松中央公園のパンジー
夜のパンジー

三脚で固定して撮ればもっと奇麗に撮れるのだけど・・・
なぜかやせ我慢の手持ち撮影にこだわっている。

▼夜のツツジと月
夜のツツジ

カメラを上に向け、地面に置いて撮影。
というより、三脚を使用したらスナップ写真じゃなくなんべ(´・_・`)
写りよりピントより、臨機応変な、自由な角度で撮りたい。

▼月の位置が残念だったけど、花に囲まれた感じでお気に入り。

夜のツツジと月

夜の赤いツツジ

高松中央公園の夜

冒頭にも書いたけど、マクロレンズを持つようになると、花をアップで撮りたくなる。
花を撮ろうと思うと、マクロレンズで寄って撮るべきだと思っていた。
そこをあえて広角レンズで、どんな風に咲いているか、どんな場所に咲いているか、という演出を入れるのはすごく楽しい。
ノイズとの戦いも。

となると、広角レンズで寄って撮ったり、マクロレンズであえて引きで撮ってみる、ということも考えられる。

今回自分では思いもよらなかった広角レンズで花を撮影するということで、新境地を開拓することができた。