六波羅蜜寺で空也さんの口から出ている「南無阿弥陀仏」を学ぶ

六波羅蜜寺で空也さんの口から出ている「南無阿弥陀仏」を学ぶ

「空也上人立像」の口から出ている物について以前から気になっていた。
インパクトありすぎ(笑)

六波羅蜜寺の開基は空也さん。
六波羅蜜寺に行けば重要文化財「空也上人立像」を鑑賞できる。

「空也上人立像」は奈良東大寺南大門の金剛力士像を作った運慶さんの息子さん「康勝」さんの作。
行ってみよう。

六波羅蜜寺ななめから

六波羅蜜寺の「蜜」は「密」とよく間違えられるそうだけど、何となく「密教」の「密」と混同しそうだ。
「六波羅蜜」という教義なんだよ。

立像の写真からはイメージに反してモダンな雰囲気だね。

六波羅蜜寺正門

随分ポップな感じ。

門の向こうには本堂。
本堂には国宝「木造十一面観音立像」が安置されている。

空也さんが951年に建てたお寺は当時「六波羅蜜寺」ではなく、「西光寺」というお寺だった。

「六波羅」といえば「六波羅探題」が思い出される。
平安時代に平清盛さんがこの付近に「六波羅殿」という屋敷を建て、さらに鎌倉時代、承久の乱(1221年)以後に「六波羅探題」がこの付近に置かれている。
教義の「六波羅蜜」がお寺の名称であるという説と、「六波羅」という地名説とがあるらしい。

中に入ると弁財天さんが祀られている。

▼弁財天

六波羅蜜寺弁財天

日本最古の弁財天さんなんだとか。

六波羅蜜寺本堂

本堂に行こう。

六波羅蜜寺本堂アップ

神社のようなカラーリング。
ゴージャス。

六波羅蜜寺本堂の装飾

美しい装飾も施されている。

六波羅蜜寺本堂の装飾2

本堂の中に国宝「木造十一面観音立像」があるんだけど写真撮影禁止。

宝物収蔵庫に行って空也さんにご挨拶してこよう。
もちろんこちらも撮影禁止。

木造空也上人立像

あ、フェースガードとサングラスをした怪しい撮影者が写り込んだ(笑)

係の方にダイレクトに聞いてみた。
「あの口から出ているのは何ですか?」
「阿弥陀仏です。南無阿弥陀仏の6つの文字をあらわしています。」とのこと。

なるほど。
「南無阿弥陀仏」とは「わたくしは(はかりしれない光明、はかりしれない寿命の)阿弥陀仏に帰依いたします」ということ。
※Wikipediaより

空也さんの生きざまそのものをあらわしているのだろうか。
とても興味深く、今後の研究課題になりそうだ。

六波羅蜜寺は真言宗のお寺になっているけど、天台宗空也派の祖とされてもいる。
空也さんは仏教に対してボーダーレスな考え方だったようだ。

もう一度写真を見てみよう。

空也上人立像

踊念仏で有名なお方だけど、踊念仏を始めたわけではない。
鐘を持っていつでも踊れそうだと思っていたけど(笑)
※時宗の一編さん、一向宗の一向さんが踊念仏を始めた。

六波羅蜜寺という名称変更は空也さん没後、977年のこと。
その頃は天台宗のお寺だったけど、桃山時代には真言宗のお寺「智積院(ちしゃくいん)」の末寺となった。
※智積院はこの後に行くよ。

空也さんは醍醐天皇の第二皇子で尾張国分寺で出家された。
(醍醐天皇と世界遺産醍醐寺のことをかじったので、次回醍醐寺にも訪れてみたい。)

森羅万象に生命を感じ、ただ南無阿弥陀仏を称え、今日あることを喜び、歓喜踊躍しつつ念仏を唱えた。
※パンフレットより

空也さんのことを忘れず、私も南無阿弥陀仏と唱えて毎日充実した生活を送りたいと思った。

あ、平清盛さんや、運慶さんの座像、平等院鳳凰堂本尊の木造阿弥陀如来坐像を作った定朝(じょうちょう)さん作の重要文化財「地蔵菩薩立像」も素晴らしかった。
もちろん弘法大師(空海)座像もね。

重要文化財だらけで、空也さん以外にも勉強になるスポットだ。

源平の戦いでの戦火、度重なる火災でも、源頼朝さん、足利義詮さん、豊臣秀吉さん、徳川家の方々が幾度となく六波羅蜜寺を修復などに力を注がれている。
空也さんの人柄をしのばせるね。

写真撮影ができなくて残念だったけど、空也さんと六波羅蜜寺の世界観を学ぶことができて良かった。

公式サイト六波羅蜜寺
拝観時間:8:00~17:00
※宝物館は8:30から
※受付は16:30まで
拝観料
【大人】600円
【大学生~中学生】500円
【小学生】400円
※30名以上の団体は50円引き






コメントする

*
*
* (公開されません)