国宝「松本城」と周辺散策

「松本城」は長野県にあるお城で天守閣は国宝。

前身は小笠原氏による「林城」の支城として「深志城(ふかしじょう)」と呼ばれていた。
一度は武田氏が入城していたけど、徳川家康政権下で再び小笠原氏のものとなり「松本城」とした。

さて、休日は松本市役所が無料で駐車ができるようになっている。
観光客に優しいね。

市役所内に平和の灯があった。

松本市役所平和の灯

そして湧水。

松本市役所前庭井戸

松本市は湧水がいたるところにあり、一つの観光スポットになっている。

市役所から松本城への最短ルートは西側から。

松本城西側入り口

そして太鼓門をくぐると城内。

松本城太鼓門

黒門の前で天守閣観覧券を販売している。
天守閣へ行こうと思ったけど、40分待ち。
また明日にでも来るとしてまずは外観を楽しもう。

▼写真右に曲がると黒門があるよ。

松本城観覧券売り場入り口

松本城1

松本城2

天気予報では雨だったんだけど、終始曇りで助かった。
今から周辺を散歩してみよう。

公式サイト国宝 松本城
開場時間:8:30~17:00
※GW・夏季は8:00~18:00
天守閣入場料
【大人】700円
【小・中学生】300円
※団体割引など各種割引あり
場所
【住所】:長野県松本市丸の内4−番1号
【電話】:0263-32-2902
Googleマップで場所を確認