ホタルブクロもカンパニュラだと思うんだけど。

ホタルブクロはキキョウ科のホタルブクロ属の花。

▼ちょっとお疲れ気味のホタルブクロ。

ホタルブクロ

「フウリンソウ」、「ツリガネソウ」こと「カンパニュラ・メディウム」さんはホタルブクロ属(Campanulaで「カンパニュラ」と呼ばれている。

▼カンパニュラ・メディウム
紫のカンパニュラ・メディウム

上記カンパニュラ・メディウム以外にも「モモバギキョウ」、「リンドウザキカンパニュラ」はホタルブクロと同じホタルブクロ属で、「カンパニュラ」と呼ばれる。

▼ホタルブクロ
ホタルブクロ2

ホタルブクロはもちろんホタルブクロ属(Campanula)だけどカンパニュラとは呼ばれず、「ホタルブクロ」なんだね。

花言葉は「正義」、「貞節」、「感謝の気持ち」、「愛らしさ」、「忠実」、「誠実」、「悲しい時の君が大好き」など。

頭をもたげている姿が「悲しい時の君が大好き」、というイメージだ。

5月5日、6月2日、6月5日、6月10日、6月24日、6月27日、7月10日、7月13日、7月24日、11月21日、11月26日の誕生花。

後日(2020年6月7日)、高松市の公渕森林公園でいっぱい咲いていたよ。

公渕森林公園のホタルブクロ

最初に撮った時より約1か月後なんだけど、元気なホタルブクロさんに出逢うことができて良かった(^^♪

公渕森林公園のホタルブクロ2

公渕森林公園のホタルブクロ3

※以下追記

ちなみに、カンパニュラ・アルペンブルーを発見したんだけど、和名は「ホシギキョウ」。

別名は「セルビアン・ベルフラワー」。

ホシギキョウ

セルビアン・ベルフラワー

このカンパニュラ・アルペンブルーによく似た花で「ベルフラワー」という名前で流通している「オトメギキョウ」という花があるんだけど、どちらもホタルブクロ属。

まとめると、

ホタルブクロ属のホタルブクロは「ホタルブクロ」。

ホタルブクロ属の「カンパニュラ・〇〇」は「カンパニュラ」。

ホタルブクロ属の「オトメギキョウ」は「ベルフラワー」。

結局学名で呼ぶと全て「カンパニュラ」、英名だと全て「ベルフラワー」なんだよね・・・

流通名や学名がごっちゃになっている花っていっぱいあるね。