20種類のスパイスで作るGABANのカレー粉で一味違うカレーを作ろう。

そごう徳島店に行くと、輸入食品とコーヒー豆専門店「ジュピター」さんに立ち寄りいつも淹れたてのコーヒーをいただく(笑)
素知らぬ顔をしてあたかも何かを買う勢いで入店、そしてコーヒーを飲ませていただく。
(行けば毎回試飲させていただける)
ジュピターさんのコーヒーは本当においしく、コーヒーショップを別に作っていただいたら毎日通いたいと思う程だ。
(ジュピターさん、本当にコーヒーショップ開店のご検討を!)

と、こんな風に書いたんだけどコーヒー試飲目当てで行けば何かを購入させていただいているのでご安心を。
※高松市の丸亀町グリーンさんにもあるけど、入店しても試飲できず(泣)
※ジュピターさんは丸亀町グリーンから撤退された・・・

今回はジュピターさんで購入したGABANのカレー粉セットのご紹介だよ。

20種類のスパイスを混ぜてカレー粉を作るという素敵すぎる商品だ。

開封の儀。

カレー粉セット内容は以下20種類。
1.ターメリック
2.クミン
3.コリアンダー
4.みかんの皮
5.フェネグリーク
6.フェンネル
7.シナモン
8.カエンペッパー
9.ガーリックグラニュー
10.ジンジャー
11.ディル
12.オールスパイス
13.カルダモン
14.クローブス
15.スターアニス
16.セイジ
17.タイム
18.ナツメグ
19.ブラックペッパー
20.ベイリーブス

▼全てボールで混ぜる

いい香り~
これをフライパンで5分間炒める。
(サラダ油大さじ1)

5分くらい炒めていると、全体から煙が出始める。
香ばしい香りがしてくるので完成。

素晴らしい香り。
これでカレーを作ったら絶対においしいだろう。

瓶に詰めて寝かせると熟成してさらにおいしくなるということなので、後日キーマカレーでも作ってみよう。
20人分ということだから数回食べられるし、時間の経過で味わいも変わってくることだろう。
とても楽しみ。

※追記

冷蔵庫で数日保管したんだけど熟成して香りが深くなった感じ。
チャーハンにパラッとかけたり、調理したものの味にパンチがない時に使用している。

また、玉ねぎとリンゴをすりおろしてルーを作り、カレーライスを作ったんだけど写真を撮らず(泣)
とてもおいしくできた~
ルーから作るとかなり時間がかかるけど滅茶苦茶コク深く、いつもとまったく違うカレーができた。

市販のルー、バーモントカレーでいつもの簡単にできるカレーを作り、隠し味的にGABANのカレー粉を加えてみた。
これは自分がルーを作るよりおいしいと思った(笑)
(私のルーづくり技術の問題もあると思うけど・・・)

とても便利なおいしいカレー粉、なくなったらまた買うだろう。

※追記
キーマカレーやカレーライスをルーから作るとなると少し手間がかかるので、パッと作ることができるメニューといえばカレーチャーハン。

チャーハンを作るときはごま油を使用しているけどカレーチャーハンを作る時はオリーブオイルを使用することがおすすめ。
ジャガイモのサイコロ切りを追加すればカレーっぽさが出る。
カレー粉は大さじ2杯くらいかける。

いつものチャーハンが劇的に変わるのでご参考までに。

結局、ルーを作る大変な作業はせずに、カレー粉として簡単に使用した方が長くお付き合いできそうだね(笑)
※ルー作りも今後研究するけどさ・・・