α7Ⅱ+CONTAX Planar T*50mm F1.4 MMJで夜の街に咲く花を撮影

本日はα7Ⅱとカールツァイスのオールドレンズ「CONTAX Planar T*50mm F1.4 MMJ」の組み合わせで夜の花を撮ってみよう。

高松市のアーケードは2.7kmで、日本一長い。

すべて手持ち撮影、開放f1.4、ISO6400になっている。

花はアーケードに沿った路地裏によく咲いているよ。

▼サクラソウ

この時期(3月)はサクラソウがどこにでも咲いている。

▼閉店した花屋さんで撮ったスターチス

▼同じく閉店した花屋さんのカスミソウ

▼ハボタン

ハボタンも実はオシャレ。

花屋さんで勤務したいね。

▼ノースポール

路地裏から少し離れて。

▼サザンカ

▼ツバキ

桃の花発見。

アーケードに戻ってジグザグに歩く。

▼サンシュユ

暗くても、一筋の光があれば夜でも花はイキイキとして見える。

脚光を浴びる花も、夜は誰も見ていない。
いつもと違った花の表情が見られていい。

眠る街に、眠る花。

▼これは造花。

▼ディモルフォセカ

▼ヒメツルソバ

▼黒法師(サンシモン)

街灯ってほぼ黄色で、黄色の街灯に照らされるとまったく絵にならない。
黒法師(サンシモン)だけは映える。

ヘリコイドアダプターで使用しているので、被写体に寄れるところが使いやすくて気にっている。

▼ユキヤナギ

▼爽やかなマーガレットも夜は妖艶。

▼ツバキ

▼マーガレット

▼ハナニラ

▼スノーフレーク

▼赤信号の光を浴びた桜。

「標準レンズの帝王」と呼ばれたこのレンズを夜にも使いこなせるよう、今後も練習していきたい。