α7ⅡとCONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 MMJとヘリコイド付きアダプターで花を接写!

標準レンズの帝王、ヤシカCONTAXのCarlZeissPlanar50mmF1.4の写りは良いのだけど、もう少しだけ寄れるとありがたいと思っていた。

エクステンションチューブではいきなり被写体に寄りすぎになって、「もう少しだけ寄る」というところが難しいのである。

ラーメンの器が奇麗に収まらないことが多々あったので何とかしたい。

ヘリコイド付きのアダプターを購入してみた。

これだとヘリコイドを回した分だけ近づけるので、「少しだけ寄れる」が実現する。
これでラーメンを奇麗に写真に収めることができそう。

でもせっかく入手したのだから、コスモスのドアップでも撮ってみたくなったので近所を散歩した。

コスモス

大体標準レンズってこれくらいが最短距離だよね。

コスモス

このレンズいいね。

コスモス2

コスモス3

コスモス4

あ、今日はヘリコイド付きアダプターを試しにきたのだ・・・
思いっきりアダプターを伸ばしてみる。

コスモス接写最大

マクロレンズ並みだね。

絞りをf1.4では被写界深度が狭すぎて何か分からないので、f4.0くらい絞って撮るといい感じ。

コスモス接写最大2

少し引きで。

コスモス接写最大3

伸ばさなければ普通のアダプターとして使用できるので、どうしても寄りたいときはすごく便利。

そしてエクステンションチューブのように、距離が何mmという指定がなく、寄りたい距離を調整できるところがすごく気に入った!

標準レンズの帝王の稼働率が高まった。

※ヘリコイド部分はグリスがはみ出てくるので拭き取る必要があるのでご注意を。