α7のマウントアダプター選びに注意

SONYフルサイズミラーレスカメラα7にマウントアダプターを介し、レンズはCONTAX G Planar T*45mm F2を使用している。

55mmf1.8はパキパキに解像して綺麗にな写真になるのだが、玉ボケが玉ねぎボケになるので使用しなくなった。

もちろん朝から昼、被写体によってはかなり気に入った写真が撮れるのだが、最近は夜の撮影主体なので出番がない。

ずっと使い続けているのは「CONTAX G Planar T*45mm F2」だ。
他のサイトやブログの作例から見ると、一番気に入っているのは標準レンズの帝王、ヤシカCONTAX Planar T* 50mm F1.4なのだが、大きいのが難点。
大きさと写りの兼ね合いから45mmf2.0を使用している。
ものすごくコンパクトで、スナップ写真をサクサク撮ることができる。

さて、α7は現在Ⅲまで進化しているが、私の撮影スタイルで言うと初期α7で問題ない。
手振れ補正やAF性能、連射など格段に上がっているようだが、センサーは変わらないので私には必要ないかな。
カタログスペック信者も、本当に良い物を求めているユーザーどちらも満足させるSONYさんはすごいと思う今日この頃。

夜景スナップは手持ちISO6400、シャッタスピード1/60くらいでいつも撮影している。
f2.0と明るいレンズとフルサイズの恩恵なのだが、α7Ⅱの手振れ補正があればもっと良いかなとは思っている。

先日「SONY α7+CONTAX G Planar T*45mm F2」で撮影した記事をまとめたので参考までに。

本題であるが、マウントアダプターはkipon製を使用。
しかしこのアダプターが原因でセンサーを傷めたのである。
着脱スイッチに隙間があり、ホコリがよく侵入してセンサーを汚し、空を撮った時にホコリが写り込むのである。

通常撮影ではホコリは写り込まないが、空の青さを強調したい時、白飛びした箇所を修正したい時にホコリが現れる。
また、寒い冬の撮影から暖かい部屋に帰宅すると、隙間から水分とホコリや油分を運ぶのかセンサーに汚れがこびりついている。

ブロアーでホコリは取れるが、汚れは取ることが不可能。
設定をいじらなければ汚れは写らないし、夜の撮影ではどう設定を変更しても問題ない。

▼閉店した花屋さんの薄暗い店内
夜のチューリップ

▼夕焼け
夕焼け

▼地面に置いて高松シンボルタワーとレーザービーム
高松シンボルタワー

▼シデコブシと玉ボケ
シデコブシと玉ボケ

▼暗闇のマーガレット
夜のマーガレット

▼明暗やコントラストをいじらなければ朝、昼の撮影でも問題ない
桜

▼桜の花筏
桜の花筏

▼ガラスのリフレクションはどんなに設定しても写らない
ガラスのリフレクション

そして空を撮って設定をアレコレ変更してみよう。

▼クリエイティブスタイル「スタンダード」設定変更なし
普通に撮った空の写真

▼フォトショップで「かすみの除去」を上げるとシミや汚れがいっぱい
センサーの汚れ

上記の写真を掲載するのは恥ずかしくて躊躇した。
手入れが悪いだけにも見えるのだが、撮影後はブロアーでホコリを取ったり、外部を拭いたり、乾燥材の入ったカメラバッグに片付けているので手入れが悪いわけではない。

▼もちろんフォトショップで何とかなる
フォトショップで青空を綺麗に

よく見るとまだ汚い・・・

私はMetabones製のアダプターを注文したので、後日レビューしたいと思う。

白い桃の花3白い桃の花「関白」

丸亀城の桜丸亀城の桜

関連記事

  1. 梅見上げる

    iPhone5で梅を撮影

    公渕公園で梅の花をiPhone5で撮影しようと・・・公渕公園(きんぶちこうえん)は香川県高松市東…

  2. MetroImagingsのカメラヒップバッグ

    MetroImagings(メトロイメージングス) カメラヒップ…

    パソコンとデジカメを持ち歩くためにMAMMUT(マムート)のCEON CARGOを購入した。…

  3. ランタナ

    α7とCONTAX G Planar T*45mm F2でマクロ…

    雑草のように咲いている花。なんだっけ、あ~ランタナだったなと思いだした。よく見ると少…

  4. クローズアップレンズ

    PENTAX Qシリーズのマクロ撮影

    PENTAXから発売されているQシリーズはセンサーサイズ1.7型で、センサーサイズの小ささを活かした…

  5. 水玉

    PENTAX Q7とKマウントアダプターでDA35 MACROを…

    明るい時に大きなカメラを持ち歩いていると怪しい眼で見られたりすることがあるので、PENTAX Q7に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 讃岐そば りんやの夏季限定ひやそばリフトアップ
  2. EOS M2とEF70-200
  3. 古遊楽のみぞれかき氷
  4. 一完歩の旨辛ラーメン
  5. 新宮あじさいの里中腹
  6. 馬立川の景観
  7. 仏生山公園のバラ
  8. 麺屋軌跡の台湾風塩ラーメンリフトアップ
  9. 栗林公園のリフレクション
  10. 四角家餃子本舗の四角餃子

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月間アーカイブ

Instagram

PAGE TOP