カタバミ(オキザリス)から教わる哲学。

カタバミ(オキザリス)から教わる哲学。

散歩をしていると、ふとオキザリスことカタバミさんが隠れて咲いているのを発見。

側溝にフタをする網、これはクレーチングっていうんだけど、網目の間からこちらをのぞいていたわけね。

カタバミ2

よく見るのは黄色のカタバミさんなんだけど、この子はムラサキカタバミさん。

もちろん光を求めて上に伸びようとしているんだけど・・・

カタバミ

伸びると踏まれてしまっている・・・

伸びても上には出てこられないカタバミさんもいたんだけど、光が足らず元気がない。

光を求めて成長し、望みどおり上に出てきたけど踏まれる。

クレーチングを上に抜けること、伸びきれず抜けられなかったことのどちらが幸せなのか?
それを考えていると哲学になってしまったという話。

オキザリス、カタバミの花言葉は「輝く心」、「喜び」、「母の優しさ」。

3月2日、5月20日の誕生花。

目標の先に何があるか分からなくても、努力をすることの美しさを学んだよ。

「輝く心」、「喜び」を持って生きよう。