Tagged
並べ替え
清凉寺本堂

国宝「生きているお釈迦様」所蔵!嵯峨釈迦堂「五台山清凉寺」

五台山「清凉寺」とは 京都市右京区にある「清凉寺」は真言宗のお寺。 元は「棲霞寺(せいかじ)」というお寺だった。 真言宗開祖「法然」さんが7日間滞在して民衆を救済する方法を深く考えた場所。 また、「阿弥陀堂」は、諸説あるのだけど「光源氏」のモデルとされている「源融(みなもとのとおる)」の別荘だった。 さらに「澄泉閣(ち...Read More
広隆寺楼門正面

国宝第1号「弥勒菩薩半跏思惟像」所蔵!京都最古のお寺「広隆寺」に行く。

広隆寺は聖徳太子が建立した七大寺の一つ。 603年に建てられた京都最古のお寺だ。 (818年、1150年には火災にあって再興している。) 特筆すべきは、国宝第1号の「弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしいぞう」を所蔵しているところ。 歴史の教科書でもよく見かける有名すぎる仏像だ。 さて行ってみよう。 仁和寺のように...Read More
石水院南縁を中から見る

世界遺産「高山寺」台風被害で修復中だったけどすごく良かった。

栂尾山(とがのおさん)高山寺とは 国宝「鳥獣人物戯画」で有名な世界遺産「高山寺」に行ってきた。 日本最古の茶園や国宝「石水院」、その他多数の国宝や重要文化財を所蔵しておりとても貴重なお寺。 「高山寺」は「こうさんじ」や「こうざんじ」といろんな所で表記が違い混乱した(笑) 公式サイトでは「こうさんじ」だけど、世界遺産絡み...Read More
仁和寺観音堂

「仁和寺」観音堂特別内観に行ってきた。

観音堂について 訪れたことのある世界遺産「仁和寺」にもう一度行きたいと思ったのは、重要文化財「観音堂」の特別内観ができるから。 世界遺産「上賀茂神社」にやや近いというのもあったし。 上賀茂神社から仁和寺を目指したんだけど、実際はバスを乗り間違える、寝過ごす、を繰り返してしまい京都駅から行き直した(笑) 京都の市バスは、...Read More
三十三間堂外観正面

1032体の木像に感動!蓮華王院「三十三間堂」

京都市東山区にある「三十三間堂」の正式名称は「蓮華王院本堂」である。 元は、後白河上皇の離宮内にあった仏堂なのだ。 ▼三十三間堂にある「法住寺殿(ほうじゅうじとの)」説明 文字起こししよう。 法住寺殿は、保元3年(1158)8月、その皇子・二条天皇に譲位して上皇となった後白河院が約30年にわたり院政(上皇が天皇に代わっ...Read More
養源院の正門

伏見城の戦い供養「養源院」の「血天井」と「杉戸絵・襖絵」

京都市東山区にある「養源院」は「三十三間堂」の向かいにひっそりとたたずむ。 切腹の血痕が残る天井「血天井」、国宝「風神雷神図」の作者「俵屋宗達」さんの「杉戸絵・襖絵」で有名なお寺。 ▲三十三間堂の塀から撮影 養源院の歴史は複雑だ。 文禄3年(1594)、豊臣秀吉さんの側室「淀殿」さんが父「浅井長政」さんの供養のため、秀...Read More
智積院庭園1

桔梗咲く「智積院」は庭園が素敵

京都市東山区にある智積院は、真言宗智山派の総本山。 歴史はかなり複雑だ。 真言宗は弘法大師空海さんにより開宗されたんだけど平安末期に衰退化していく。 覚鑁(かくばん)さんが高野山(和歌山県)で真言教学を再興した。 覚鑁さんは教義上の対立で根来山に移動し根来寺(ねごろじ)を建てた。 智積院は根来寺の塔頭寺院だった。 智積...Read More
六波羅蜜寺正門

六波羅蜜寺で空也さんの口から出ている「南無阿弥陀仏」を学ぶ

「空也上人立像」の口から出ている物について以前から気になっていた。 インパクトありすぎ(笑) 六波羅蜜寺の開基は空也さん。 六波羅蜜寺に行けば重要文化財「空也上人立像」を鑑賞することができる。 「空也上人立像」は奈良東大寺南大門の金剛力士像を作った運慶さんの息子さん「康勝」さんの作。 行ってみよう。 六波羅蜜寺の「蜜」...Read More
華頂殿の襖絵

天台宗のお寺「青蓮院門跡」は華頂殿の襖絵が良かった。

  京都市東山区にある青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)は最澄さんが創立した天台宗の寺院で国の史跡。 無鄰菴から歩いて来たよ。 6月でジメジメ暑い・・・ 「青蓮院門跡」は「三千院」、「妙法院」と並ぶ天台宗三門跡の一つ。 門跡寺院とは皇族や摂関家の子弟が門主(住職)を務める寺院のこと。 京都五ケ室門跡(妙法院...Read More
水路閣内部

水路閣で有名な「南禅寺」の本当の魅力は庭園にあり。

南禅寺とは 南禅寺は臨済宗南禅寺派大本山の寺院。 京都の風景を代表する「疎水(水楼閣)」でも有名なスポットだ。 ▼疎水(水路閣) 1264年に後嵯峨天皇が離宮「禅林寺殿」をここに作った。 そして1289年、亀山法皇が「禅林禅寺」と名付け、約10年を要して寺として整備された。 「南禅寺」と呼ばれるようになったのは1300...Read More
法然寺三仏堂の仏像

仏生山来迎院「法然寺」三仏堂は香川県の観光で立ち寄るべきスポット!

高松市仏生山町(ぶっしょうざんちょう)にある「法然寺」は、法然上人を偲んで初代高松藩主の松平賴重さんが建てたお寺だ。 法然さんは比叡山延暦寺で天台宗を学び、「南無阿弥陀仏」を唱えれば死後は往生できるという浄土宗の開祖である。 その法然さんと香川県の関係は、建永2年(1207)後鳥羽上皇の怒りを買い香川県に流罪となったこ...Read More
宝光寺庭園

東かがわ市の名勝「宝光寺庭園」は一見の価値あり!

香川県の文化財一覧を調べていたら、香川県教育委員会のホームページに行きつき、「宝光寺庭園」が名勝であることを知った。 文化遺産の継承 | 生涯学習・文化財課 | 香川県教育委員会 宝光寺は香川県東かがわ市にあり、庭園は平成30年9月4日に香川県の名勝として登録された。 「深山幽谷をほうふつとさせる」「芸術的及び観賞的価...Read More