単焦点レンズかズームレンズについて考えながら撮る。【ZEISS Loxia 2/50】

GMレンズの大三元を価格.comさんで見ていると、欲しくなってため息がでるね(笑)

12-24、24-70、70-200と持っていたら、明るい単焦点の35mm、50mm、85mmを選ぶ楽しみがまた増えることだろう。

ただ、大きなレンズは欲しくない。
(12-24GMを持っていたら、旅行はつけっぱなし、レンズ交換なんてしなくていいんだぜ、と悪魔のささやきが聞こえてくるけど・・・)

コシナやツァイスさんにお世話になるよ。
(GM以外のレンズをディスっているわけではない。)

本日のレンズは「ZEISS Loxia 2/50」。

以前PENTAX K-5ⅡSとFA31mmを使用していた時の話。
動物園でCanonのLレンズをそれそれ持ったカップルに挟まれ、なんとなくコンプレックスを持ってしまうという感覚になった。

プロカメラマンの取材に紛れて撮影をしたことが何回かあるけど、皆さんほぼLレンズのズームを使用されている。
白い大きなレンズ、かっこいいよね。

小さなカメラに小さな単焦点レンズを付けていたら不思議そうに見られる(笑)
(もちろんシチュエーションによる。)

ズームレンズを使わないのは、私の場合、ズームレンズを付けてもズーム機能を使わないから。

(でも12-24を持ったら、ズーム機能をいっぱい使いそうだけど・・・)

単焦点レンズの方が写りが良いというのは昔の話で、写りにこだわるならGMレンズやSIGMAさんのレンズを買った方が幸せになれる可能性が高い。

単焦点レンズを2,3本持つより、大きなズームレンズを1本つけっぱなしにする方が総重量は減る。

ズームレンズのメリットは数多くある。

でも、私は毎日楽しんで単焦点レンズで写真撮影を楽しんで撮っている。

これは、ズームレンズを使っていたら続かなかったことだと思う。

これは私の場合であって、すべての方に当てはまるとは思っていないけど。

適材適所、用途によって使い分けるべきなんだけどね。

話は変わるけど、カナダのアイトドアメーカー「アークテリクス」さんとBEAMSさんがコラボしている。

瓦町フラッグのBEAMSさんに来たらアークテリクスさんの商品を置いてあるか見に来たんだよ。

約16,000円のバックパックが3つ展示されていた。
カッコいい。

現在マムートさんのバックパックを気にいって使っているけど、同じものかアークテリクスさんのものかものすごく検討中。

さて家路に。

▼ししゃもねこさんではないですか!

世界中に脱力系癒しを提供する「ししゃもねこ」ですにゃ。
Shishamo-Neko is the heartwarming mascot which make people all over the world feel relaxed.
It is combination of a cat and fish.

生年月日:2011年1月19日夜
住んでいる場所:徳島県
好きな食べ物:あんこ、たまに酒。
性格:ふだんはとてもゆるいが、たまに毒舌。
特徴:水陸両用。たまに関西弁。
憧れのさかな:およげたいやきくん スイミ―
憧れのねこ:サザエさんちのタマ
ライバル・師匠:ウナギイヌ
夢:世界平和。
国境にししゃもねこを並べたら、国境がなくなると信じてますにゃ。
ししゃもねこ公式サイトから抜粋

道路にいるししゃもねこさんを見ると癒された。

と、いつもならここでカメラをバッグに入れてしまうんだけど、この後にもいい被写体に出逢うことになる。

取り出す手間を考えると、カメラの大きさや重さは重要なんだよ。

いい被写体に出逢った時、バッグに入った大きなカメラを取り出すことがめんどくさくなる時がある。

そうなると、小さいカメラは有効だ。

旅行ではそういった場面が顕著に現れる。

私の場合、旅行はα7にBatis25mm、EOS-M100に望遠ズームのみで臨む。

▼道路沿いのセンダングサ。

ここでは誰にもくっつくことができそうにないね。

冬の紅葉。

あら、近所にTwinbell Cafeさんができているのを知らなかった。

また来よう。

単焦点レンズを使ってみることをおすすめするよ(^^♪

単焦点レンズのメリットは、
①小さくて持ち運び、取り出しが楽。
②f値が明るいレンズが多く、暗くてもノイズが少なくなる。
③構図やセッティングのことをあまり考えなくていい。

さらにAF(オートフォーカス)ではなくマニュアルレンズのメリットは、
①ピント合わせが遅いと思われがちだけど、場面によっては速い。
②ピンズレがほぼなくなる。
③ピントが合わなくてもシャッターを押すことができる。

▼本日の使用レンズ