手打ちうどん「源内」のカレーうどんとシダレザクラ

さぬき市にある手打ちうどん「源内」さんの看板ロゴが変更されていた。

源内うどんの新しい看板

1972年(昭和47年)創業、老舗の手打ちうどん屋さん。
国道11号線沿いにあるから、香川県人にはおなじみのお店。

江戸時代の発明家で有名な「平賀源内」さんはさぬき市の出身なので、お名前をいただいたのかなと。

以前は高松市郷東町にもあったんだけど、そこは閉業されたようだ。

しかし、屋島と八栗山(やくりさん)がロゴになっているけど・・・

▼八栗山(高松市牟礼町うどんの「山田家」さんから撮影)
五剣山

4つの凸凹が山にあるんだけど、以前は5つあったので五剣山(ごけんざん)とも呼ばれる。
「五剣山」という香川県出身の力士がいたよね。

▼屋島
屋島外観

この2つの山がロゴのように見えるポイントがあるのかな?
今度撮ってみよう(^^♪

源内うどんのロゴ

あ~完全にパタ〇ニアさんだよ・・・
こういうの大丈夫なのかね?(笑)

ユニークなパクリ(^^♪

▼日盛山の廃墟から見たらロゴに近かったよ!
屋島と八栗山

それはさておき、入店。

手打ちうどん源内のメニュー

ここのメニューは高いんだよねぇ・・・
でも時々「カレーうどん」と「かしわうどん」を無性に食べたくなる。

本日はカレーうどんにしよう。

注文時、エプロンが必要か聞かれる。

手打ちうどん源内のカレーうどん

福神漬け、きつね、かまぼこ、細ネギが乗っている。
カレーには玉ねぎ、にんじん、牛肉がたっぷり。

カレーの中からうどん引っ張り出して食べるので、うまく食べないとカレーが飛び散る。
私はエプロンは必要ないんだけど、初めて食べる方はお願いした方がいいかもね。

量は多く、栄養価は高い。

結構辛さがあり、食べきった時には顔に汗が噴き出ている。
そして最後は出汁がサラサラになっているのが不思議。
レンゲで残りのカレーを楽しもう。

食べる価値、1,000円以上。

高級カレーうどんなのでおいそれとは食べられないんだけど、私は県外のお客さんを接待する時によく利用させていただいている。
目の前で大将がうどんを打ってくれるので観光客ウケもいい。
おでんも美味しいから、うどんができるまで手持ち無沙汰になることはない。

また次回はかしわうどんを食べに来よう。

駐車場には孔雀などの鳥さんもいるから要チェック。

手打ちうどん源内の孔雀

桜の季節、シダレザクラが奇麗に咲いているよ(^^♪

源内うどんのシダレザクラ

手打ちうどん源内のシダレザクラ

▼香川県のグルメまとめ

公式サイト手打ちうどん源内
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日
場所
【住所】:香川県さぬき市志度1597−10
【電話】:087-894-0180
Googleマップ