長野県

Category
松本市の花1

松本市の花いっぱい運動

長野県松本市には「花いっぱい運動」として、街中に花が咲いている。 ■松本市ホームページ:花いっぱい運動 花いっぱい運動 花いっぱい運動は、戦後まちが荒廃し人々の心にも余裕を持てない中で、「社会を美しく・明るく・住みよくする」、また花を通じて人々の気持ちを豊かにとの願いを込め、昭和27年4月8日、当時松本市の小学校の教員...Read More
松本城4

国宝松本城を撮影

国宝松本城を撮影した。 前回行ったのは2年前。 以下EOS M100で撮影。 そして翌日。 どの方向から見てもさすが国宝、美しいね。 また見に行きたい。Read More
松本市中町通り

松本市「中町通り」を歩く

松本旅行最終日、松本城天守閣に登った後は市内散策し、レンタカーでできるだけ観光しようと。 塩井の湯 その前に銭湯にと思ったが、開いていなかった。 中町通り さて中町通りまで歩く。 てまりや 中町通りに来たのは「てまりや」のバウムが一番の目的。 公式サイト:松本のお菓子・お土産なら てまりや|信州松本バウムクーヘン工房&...Read More
松本城

松本城天守閣登頂

信州に来たからには国宝松本城の天守閣に行かねばならないよね。 先日は行列で人がいっぱいであきらめたけど、今日は並んでも天守閣に行こう。 天守閣へは黒門前から。 観覧券は大人610円、中学生以下300円。 一定時間で入場者を区切っているようだが、雨が降っていたことでテントを用意してくれていた。 敵が攻め込みにくい作りだと...Read More
天然水素温泉おびなたの湯入口

天然水素温泉の露天風呂「白馬八方温泉おびなたの湯」

安曇野ちひろ美術館から自動車で約50分かけて長野県北安曇郡白馬村にある天然水素温泉「おびなたの湯」に到着。 おびなたの湯 ■八方温泉:おびなたの湯 ■入浴料金 【大人】600円 【小人】300円 ■営業時間 【夏期】9:00~18:00(受付終了17:30) 【冬期】10:00~17:00(受付終了16:00) ■休館...Read More
安曇野ちひろ美術館トットちゃん

安曇野ちひろ美術館

信州旅行に来て、一番行きたいと思っていたのが、いわさきちひろさんの美術館、「安曇野ちひろ美術館」だ。 安曇野ちひろ公園内にある。 ちひろ美術館はここ安曇野と東京の2か所にある。 安曇野ちひろ美術館 ■公式サイト ■開館期間:3月1日~12月15日 ■開館時間:9:00~17:00 ※ゴールデンウィーク・お盆は18:00...Read More
大王わさび農場

大王わさび農場百周年

以前香川県で蕎麦を食べた時、おろし金とわさびが出てきた。 おろし立てのわさびは辛みがなく甘いと知った。 そしてすぐに「自動車」で7時間かけて大王わさび農場までわさびを買いに行ったことを思い出した。 再度訪れることができた。 大王わさび農場 公式サイト ■営業時間 【3月~10月】9:00~17:20 【11月~2月】9...Read More
安曇野ワイナリーワインの試飲

「安曇野ワイナリー」でブドウの木を見ながらワインの試飲

雨の中、安曇野ワイナリーに向かう。 安曇野ワイナリーではブドウの木が見られるということ、ワインの試飲ができるということで行ってみたかった。 途中、りんごの木を発見。 四国に住む私からするとりんごの木は非常に珍しい。 さて、ほぼ安曇野ワイナリー営業開始時間に到着。 安曇野ワイナリー ■公式サイト ■ショップ営業時間:9:...Read More
草間彌生の幻の華

松本市内を徒歩で散策(後編)

松本市には、いたるところに井戸があり、暑い中でも涼みながら散歩することができる。 東門の井戸を最後に、自動車で「あがたの森」まで移動する。(井戸の名前はだんだん名前を確認しなくなってきた・・・) あがたの森 あがたの森の駐車場は無料だった。 松本市ホームページ:あがたの森文化会館 旧松本高等学校で、現在は教育施設として...Read More
松本市手まりのマンホール

松本市内を徒歩で散策(前編)

国宝「松本城」周辺散策後は松本市内を散歩しよう。 松本神社 松本城の北側から抜けると松本神社があった。 板の目がすごく美しい。 歩き疲れても湧水があると涼しい気持ちになれる。 マンホールのフタが手まり。 手まりは松本市の民芸品。 江戸時代、松本藩の士族子女を中心に身近な玩具として流行ったとのこと。 旧開智学校 松本市ホ...Read More
松本城2

国宝「松本城」休日は松本市役所の駐車場が無料だよ。

長野県にある国宝「松本城」に行ってきた。 公式サイト:国宝 松本城 休日は松本市役所が無料で駐車ができるようになっているとのこと。 観光客に優しいね。 市役所内に平和の灯があった。 そして湧水。 松本市は湧水がいたるところにあり、一つの観光スポットになっている。 新松本物語:松本水物語 市役所から松本城へは西側から入る...Read More