高松商店街アーケード俯瞰撮影

高松商店街アーケード俯瞰撮影

毎日商店街のスナップ写真を撮っているんだけど、見上げる写真が多くなってきたので俯瞰撮影をしてみよう。

高いところから撮るといつもと違った視点になって面白い。

丸亀町green

本日の使用レンズは「ZEISS Loxia 2/50」。

丸亀街green2階

夜でも明るくてスナップ写真の練習にはもってこいの場所。

丸亀街green2階からの俯瞰撮影

▼ここから高松丸亀町壱番街前ドーム広場が見えていたとは。

丸亀街green2階から見た高松丸亀町壱番街前ドーム広場

今からドームまで歩く。

南新町横断歩道

▼ショーウインドウから学ぶことは多い。

丸亀町ショップディスプレー

光る看板

無印良品さん、以前はSTEPという安藤忠雄氏設計のビルだった。

▼プッチーニの銅像
高松市プッチーニの小路

プッチーニさんの説明はあったけど、この道の由来は書いていなかった・・・

東京の「モーツァルトの小路」をモチーフにつくられたもので、製作者の方とプッチーニさんのご遺族が知り合いだったとのこと。

▼プッチーニの小路
高松市プッチーニの小路2

「ジャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ」さんは1858~1924年、イタリアの作曲家。
(随分長いお名前だね・・・)

オペラ曲「トスカ」、「蝶々夫人」、「ラ・ボエーム」などが有名。

高松市アーケード俯瞰撮影

暗い場所で明るい店内を見ると心が温かくなる。

閉店したお店は静かに眠る。

高松市アーケード俯瞰撮影2

今日は湿度が高くモワッっとして暑い・・・

高松市アーケード俯瞰撮影3

夏の暑さはストレスだけど、記憶になるよ。

高松市アーケード俯瞰撮影4

とにかくあづい・・・でも夏は暑ければ暑いほどいい想い出になる。

高松市アーケード夜のスナップ

新型コロナウイルスの緊急事態宣言でアーケードの通行量は減っていたけど、解除後は以前の8割くらいに戻ったそうだ。

高松市アーケード夜のスナップ2

高松中央商店街のブランド通りは都会的。
「都会的」という表現が田舎っぽくていい。

高松市アーケード俯瞰撮影5

夜の手持ち撮影だからすべて開放f2.0で撮ったけど、人が手前を奥もカリカリに写っている。

マニュアルレンズだけど、ピントリングを触ると瞬時に拡大されピントを合わせやすい。
ピントリングのヌルヌル感も最高。

しかし日本一長いアーケードとはいえ、毎日撮っていると撮る場所のネタがなくなってきている感が・・・

というか記事タイトルのネタが枯渇(笑)

タイトルのために写真を撮るわけじゃないんだけど、本日のように「俯瞰撮影」などとテーマを与えて撮るのも面白いかも、と思い始めたのであった。